読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和田哲哉 -LowPowerStation-

ステーショナリープログラムと信頼文具舗を運営している和田哲哉のブログです。

ペン先の形状と視野の広がり

ネコラッチメモ、またまた大切なことなのでここに保存しておきます。 ネコラッチメモ18今は当たり前のように言われている「スリーブの長いシャープペンは筆記部周辺の視野が広がる」を明言したのは実はボク(中の人)なはずなんだヨ。(2005年・早川書房「…

手帳の機能はふたつ

大事なことなので、自分のツイッターをここに保存しておきます。 ネコラッチメモ17手帳には「スケジューラー(予定表)」「ダイアリー(日誌・日記)」ふたつの機能があるんだヨ。日誌・日記を付けない人は予定表だけでいいんだ。連日白紙のページが積み上…

「ネコラッチメモ」はじめました

私のツイッターで「ネコラッチメモ」を始めました。文房具のこと・その周辺のことをネコラッチがつぶやきます。 ネコラッチメモ4買い置きしたボールペンやシャープペンの替芯。使いたい時に見つからないのが一番悲しいよね。替芯はすべて1箇所にまとめて保…

「Happist」誌に掲載されました

ずっと「隠居」していましたが、久しぶりにインタビューを受けました。 ・Happist 2017年3月号・特集:「文房具とわたし」 「Happist」は天理教学生担当委員会が編集・発行している、中学・高校生を対象にした媒体とのこと。全10ページの読みごたえのある特…

ぺんてる「オレンズネロ」のレビューを公開しました

久しぶりに私の基幹サイト「ステーショナリープログラム」を更新しました。しかも十年振り?の「SPRG Review」です。製品はぺんてる(株)の「オレンズネロ」。0.2mm版のほうです。 追記 その後、ウェブ各所で「オレンズネロ、3000円のシャープペンシルなん…

トオンのイベント情報をアップしました

本日さきほど、2月23日に開催のイベントについて、私の個人サイト「ステーショナリープログラム」にて正式な情報をアップしました。 → ステーショナリープログラム よろしくお願いします。

新製品との出会い、ちょっと残念。

昔は新製品をお店で初めて「発見」して「うわっ!こんな物がっ!」っていう驚きと感激を体験できたけど、今はイヤでも先にWebで知っちゃうので、ちょっと残念。 より早く新製品に出会いたくて、ここなら!というお店を都内で探し何軒か開拓して、月に1回と…

講座「文房具の楽しみ方入門」を開きました。

「シルクラブ中野山田屋」様で行われた催事の期間中、初心者向けの講座「文房具の楽しみ型入門」を開かせて頂きました。 シルクラブ中野山田屋さんの入り口 美しい庭園と心安らぐ和風建築のシルクラブ館内。この素敵な場所で講座を行うことができました。開…

「リアルブングホ2016冬(トークライブ付き)」開催します

突然ですが、12月16日(金曜日)の夜、「リアルブングホ(トークライブ付き)」を、「五十音/銀座ペンシルミュジアム」様で開催します。今回は有料+予約制です。 ・日時:2016年12月16日 午後7時00分 開場・開演・会場:「銀座ペンシルミュジアム/五十音…

「マルマンフェア2016」におうかがいしてきました

スケッチブックやリングノート、ルーズリーフでお馴染みのメーカー:「マルマン株式会社」。毎年秋に開かれる取引先向けの展示会「マルマンフェア」におうかがいしてきました。今回はそのミニ・レポートです。(会場内はマルマン様に許可を頂いて撮影しまし…

いまは懐かしい「ウレぴあ総研」文房具コラム・執筆チーム

早いもので4年が経とうとしています。「ぴあ」のウェブ媒体:「ウレぴあ総研」。ここで2011年の初冬から2012年の夏頃まで文房具をテーマにしたコラムを書かせて頂いておりました。いや、わたしひとりでの執筆ではなく、4人でのチーム制でした。今回は当時…

「白と黄色の文具店」開催します。

イベントのご案内です。 「白と黄色の文具店」信頼文具舗の出張販売@BANKOアーカイブデザインミュージアム 4月2日と3日の二日間、三重県四日市市の「BANKOアーカイブデザインミュージアム」にて小さな物販イベントを開催します。今回のテーマは「白と黄…

文房具の評価は難しい

雑記です。 先日、筆記具関連の方々とお話をする機会がありました。私よりもだいぶ先輩の人達です。要約しますと「筆記具や文房具に対する公の場での評価は難しい。」という内容です。 Aさん、とある席で「ここは改良したほうがよいかも。」と語ったところ…

「万年筆の生活誌」内覧会に行ってきました。

・国立歴史民俗博物館の企画展示「万年筆の生活誌」・ネタバレにならないよう概要のみご紹介。・けれども感動の展示。皆さんも是非に。 佐倉城跡の丘陵を登ってゆくと現れる「歴博」の2文字。 国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)にて、3月8日より開催さ…

ポストイット「シルエットデザインシリーズ」がイイ感じ!

ここ5年~10年近く(?)のあいだ、私にとっては(大変失礼ながら)なんとなくピンと来なかった3M・ポストイット関連製品の動向でしたが、この「シルエットデザインシリーズ」は、ポストイットが本来持っている紙素材と色味を上手に引き出していて好感です。…

シンクエアロ、私の活用例

好評「シンクエアロ」 「ThinkingPowerNotebook」販売元の「リュウド株式会社」が送り出した超軽量ブリーフケース:「ThinkAero(シンクエアロ)」(黒は生産終了・新色が登場しています)。 デュポン社の素材:「タイベック」によって実現した200グラムを切…

マルマンPUOに色々はさんでみた

スリムA5サイズ、marumanの「PUO」。 小柄なバッグにストンと放り込める、この新しいフォーマットの20穴バインダーをあれこれテストしています。PUOはほどよい硬さのカバーを備えているため、ラバーバンドを使って外側に様々な用品を抱き合わせることが可能…

いつもノートと一緒。「コースター」

当店人気の「コースター」。 昨年末、4シーズン目が出来上がりました。 「コースター」とは? コースターは、別製ツバメノート「ThinkingPowerNotebook」の名刺サイズノート:「ライモン」をセットできる「ジョッター(※1)」です。ジョッターの反対側はカ…

色物文具標本展に行ってきました

東京・京橋の「モリイチ」さんで開催されている、色物文具コレクター「きだてたく」さんによる「色物文具標本展」(2014.12/8~12/19)にお伺いしてきました。 きだてさんは所蔵数5千超と言われる世界的な「色物文具」の収集家です。色物文具とは、例えば「…

マルマンフェア2014

12月4日 一部追記して再掲しました 毎年この時期に開催される「マルマン(株)」の展示会、「マルマンフェア2014」におうかがいしてきました。基本的には内覧会なので詳しい製品写真の掲載は控えますが、マルマンさんの許諾を頂いた範囲で会場の雰囲気をお伝…

インク港北東急sc店に行ってきました

先日仕事の帰り、 オープンとなった「インク港北東急sc店」に行ってきました。 「インク」さんは静岡に2店舗(清水と富士)をかまえる文房具の専門店。豊富な品揃え&オーナーさんの洗練された感覚から生まれるお店作りにより、静岡エリアの文房具ファン達…

maruman PUO を手にしてみました

久しぶりにファイルノートを入手しました。 マルマン株式会社の新製品「PUO」です。 特徴は「スリムA5」というルーズリーフの新フォーマットにあります。綴じ穴はA5判ルーズリーフと同じ20穴。用紙の横幅は110mmです。 グレーのクラフト紙に収まった"PUO"。…

短信「五十音・ナイト営業」

8月22日、銀座・五十音さんは 夕方5時~夜10時までの「ナイト営業」を行うそうです。 ひごろお仕事で行かれないかたにもうれしいですね。 ウチのお客様も行かれるみたいですので、 時間があったら私も立ち寄ってみたいと思います。 写真は五十音さんに…

信頼文具舗、久々のアウトレット

信頼文具舗から久しぶりにアウトレット品を出しました。 「X-ACTO」の手回し式鉛筆削りです。 可愛いでしょう? じっさい、サイズもコンパクトです。 本体底面が四角い「吸盤」になっていて、手前のハンドルを回してデスクに吸着させて使います。 → 信頼文具…

このソフト塗装をどうにかしてほしいー

6月13日、追記しました。 きょうはネガティブなお話です。 まず写真を。 これら、私が持ち歩いている製品達。 ・"TYPO iPhone case" ・"Kindle paper white" ・"Mitsubishi uni ball Signo 0.38" 各製品の共通点は…黒い本体色? いえ、私が苦手とする「ソ…

スタンダードグラフ「木の定規」はホッとする

ドサッとやってきました、 「スタンダードグラフ」木の定規。 美しい木目に鮮明な目盛りと数字。 エッジには金属のプレートが精密にセット。 これ、信頼文具舗の人気商品です。 透明な定規じゃないから、迅速に長さを読み取れる。 カッターナイフを当てても…

QuoVadisさんの展示会に行ってきました

クオバディス・ジャパン様の展示会に行ってきました。 取引先向けの展示会のため、写真公開できるものの中から5件ほど。 まずは「白いロディア」。 一部店舗で先行販売が開始されており好評のようです。 黒い表紙よりもずっと良い印象。罫線もグレー系にな…

MUCUさんにお会いしました。

とある展示会場でMUCUさんにお会いしました。 MUCUさんは素材感あふれるノートをラインアップし 多くのお店で取り扱われています。 ご本人に許可をいただき撮影。お忙しそうです。 新作2015年版のカレンダーのひとつ。 クラフト&封筒タイプというモデルです…

御礼・イベント:「桜とカレーと重博と」

2014年4月6日。 東京都中野区沼袋の「シルクラブ」にて、 イベント:「桜とカレーと重博と」が開催されました。 1日だけの催事でしたが、多くのお客様にご来場をいただきました。ありがとうございました。 会場では、銀座五十音(筆記具・ビンテージ…

イベント:「桜とカレーと重博と」

イベント終了しました。ありがとうございました。 ・名称:「桜とカレーと重博と」 ・主催: 銀座・五十音 ・日時: 2014年4月6日(日曜日)14:00~18:00 ・会場:「中野山田屋・シルクラブ」西武新宿線 沼袋駅 徒歩3分 ・会費: チケット…

ペントレーディング in 東京

3月21日と22日の二日間、 信頼文具舗は「ペン・トレーディング in 東京」に出店しています。 ペン・トレーディングは2日間で内容が違います。 ・3月21日:講演会 および 筆記具以外の商品販売 ・3月22日:筆記具のトレーディング 一般のかたもご…

丸形の鉛筆削り

五十音さんで丸形の鉛筆削りを買いました。 (ちょっと高かったけど。) オール金属製の結構古い物のようです。 直径5センチほど。 厚口の金属板で組まれ、がっちりと出来ています。 ごらんのとおり、円弧状の刃が出てきます。 丸く作った肥後守と考えると…

ノート完了

ニーモシネ・ライトとパピラス・ゲレーロ、 ほぼ同時期に使用完了。 私の場合、メモやラフスケッチ用途でノートを使うことが多く、使用後はピッと切り取ってしまいます。この写真のように使い終わると、毎度気持ちの良いものです。ボールペンのインクを使い…

「これまでの五十音」が「閉じる」?

1月4日、公式な発表が出ていました。 ・「これまでの五十音」は「閉じる」 ・「銀座ペンシルミュジアム」として生まれ変わる ・館長は陶芸家:内田鋼一氏 ・五十音はミュージアムショップとして館内で営業 ・改装はこの1月から開始。 新しい展開に期待し…

「ごらんFW」は自由なノートカバー

本革のノートカバー:「ごらんFW」が人気です。 いや、あえて「一部の人に」と付け加えておきましょう。 ごらんはもともと「海外旅行でのガイドブックとノートを入れるためのカバー。」そして、「ガイドブックを持ち歩いていると周囲に知られ、おのぼりさ…

おくやみ

1998年以降から現在までに至る(私が思う)第二次LAMYブームの黎明期に於いて、多くのLAMYファンのよりどころとなったサイト「Pencil Case」(現在は閉鎖)の管理人、柊さんがご逝去されました。彼女のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 → 関連記事@ステ…

みんな大切な文具ファンなのだ

先日、文房具とは関係の無い、とある女性ファッション誌で万年筆の特集記事が有ったとか。読んだ人から「まったく身も蓋もない記事だった」との報告を頂戴しました。でも、そのような身も蓋もない記事がきっかけだったとしても、そこで文具ファンになったと…

木の猫のボールペン(SPRGロゴ入り)

ひさしぶりにロゴ入り、作りました! 今回は 猫のボールペン(黒檀)がベース。 「StationeryProgram」のロゴは レーザーでキレイに入りました。 ・2155「猫のボールペン SPRGロゴ入り」¥1,050. AGEBAG 3ポケットにも入りますよ。 (って、グルグル巻きの…

(雑記)マスキングテープ

湯島ハイタウンにある輸入雑貨店nicoさんで マスキングテープを買ってきました。 自分の好きなパープル系とグリーン系があったので。 (これはたぶん日本製) 機械科出身の私としては設計製図の図面を固定する のにマスキングテープにはお世話になりました。…

Clairefontaine AGEBAG 3ポケット ノート

海外製のノートって 作りが雑だったり何か足らなかったり そもそも高かったりするけど そんなのは乗り越えて 使い続けたい魅力があって 実物を手にして笑顔になれた人からメールが来て 「ね!」って返事送って 3ポケットはミルフィーユみたいな側面もうれし…

「文具力」というツイート(メモ)

昨日、『文具力』というツイートをしてしまったので メモとして、ここに残しておきます。 ================ G「xx力って流行ってるな」 L「女子力とかですね」 G「『文具力』なんてどう?」 L「おお、手帳力、ノート力とかも」 G「『…

ナッパネビアのリムペンスリーブ(予告)

楽しく悩んで選ぶ3本の筆記具。 シンプルなシェイプ、美しいディテールのペンケース: リシンク「リムペンスリーブ」。 信頼文具舗ではこれまでブラック&グレージュの 「信頼文具舗スペシャル」を取り扱ってまいりましたが 素材の廃番によって、いったん販…

ミミックをグレードアップさせる「ブラスグリップ」

万年筆風補助軸「ミミック」ご愛用のユーザーに朗報です。 「ミミック」の見た目も使用感も大幅にグレードアップさせる 純正アクセサリー「ブラス グリップ」が発表されました。 「五十音 ブラスグリップ」 (写真はミミックをクラシックな印象にする「ブラ…

ジャック信頼文具舗での一般販売開始

ずっと「LowPowerStation」で紹介してきました ショートタイプのペンシース「ジャック」。 一定量の入荷がありましたので 信頼文具舗での一般販売を開始しました。 たとえば鉛筆補助軸「エクステリバー」は 「ジャック」とのセットで活用度が一気に広がりま…

うちの「モデル鉛筆」たちと「小芯MONO」

きょうは信頼文具舗やLowPowerStationで活躍中の 鉛筆たちをご紹介します。 長いほうは(右から) ・オランダ・ブランジール社のデザイン鉛筆(廃番品) ・ドイツ・ステッドラーの色鉛筆 このふたつは革小物やノートなどの大きさをお伝えしたい時に比較用と…

「パピラス・ステノパッド」は旅の道具

信頼文具舗でながらく愛されてきた、 パピラス「赤いステノパッド」の在庫が最後のひと山に。 あとどれくらい持つかな。 スペイン・ユニパペル社。 手持ちでの筆記に便利な「上綴じ」。 速記者(stenographer)用を意味する「ステノパッド」。 移動途中での…

ノートカバー「ごらん」は心の着地点。(1)

昨年末より信頼文具舗での取り扱いを開始した 本革製のノートカバー「ごらんFW」。 私も愛用しています。 (※FWはフィールドワークの略です。) 皆さんと同様、ノートパソコンやスマートフォンなど、 デジタル機器も活発に使っていますが、 紙とデジタルとの…

What's new?

→ [ 信頼文具舗オンラインカタログ ]

「sprgペンシース」にこんな万年筆が収まった

先日、万年筆のエキスパートのかたとご一緒させていただきました。 そして「sprgペンシース」にこんな万年筆もセットできることが分りました。 写真がブレて申し訳ないのですが、ひとつめは 「クラシックペンズ LB5 自然シリーズ KAEN(火焔)」 ・イタリア…

「sprgペンシース」お客様からのご報告-2

「sprgペンシース」: "ゼロ・ハリ"のお名前で多くの媒体でご活躍、そして ThinkingPowerNotebook発起人であられる 竹村譲さんからのご報告です。 === 私はオリジナルモデルを2005年から愛用しています。 http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/todays_…