読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和田哲哉 -LowPowerStation-

ステーショナリープログラムと信頼文具舗を運営している和田哲哉のブログです。

甘いもの好き

子供の頃は自分、甘いものが苦手でした。 まずケーキ類はすべて嫌いだったし、和菓子、特に餡がだめでした。

ところがあるとき、甘いものに目覚めてしまったのです。 小学校高学年の頃…。 きっかけになったのは伊勢名物の「赤福」。 よく行った母方の実家に置いてありました。

ところで、おじいちゃん・おばあちゃんの家ってどうして 菓子類がいっぱい備蓄されているのでしょうか。 お客人が連日来ていたのでお土産が沢山集まるのかな。

残念ながら、最近の赤福はそんなに美味しく感じない (→たぶん自分の舌が肥えてしまった)のですが、 35年以上前のころは良かった。

そうそう、赤福だけではなく、美味しい緑茶もセットで。 よくさらされてピンク色になったこしあんを付属のヘラですくい お茶と一緒にいただく。そしてこしあん、またお茶を…。 もう止まりません。

そのほかのお菓子もいっぱい置いてありました。 ・赤坂・虎屋の羊かん「夜の梅」 ・新宿・花園万頭の「ぬれ甘なつと」 ・新宿・追分団子の「お団子」 ・京都・鶴屋吉信の「京観世」 ・同じく鶴屋吉信の「木々の露」 ・上野・うさぎやの「懐中汁粉」 ・清瀬・新杵の生菓子(お団子・練りきり) ・銀座・立田野の「あんみつ」 ....じゅる。

そして、慶事の時にのみ登場する貴重品:花園万頭の 腰高万頭なんか有ったら、それはもう大騒ぎです。

すみません、 仕事が詰まっていたせいか、ちょっと壊れてます。

(つづく)