和田哲哉 -LowPowerStation-

ステーショナリープログラムと信頼文具舗を運営している和田哲哉のブログです。

バード電子・サウンドミキサーDJ-4

これ、バード電子さんの「サウンドミキサーDJ-4」です。

f:id:wabysprg:20150715111750j:plain:w452

DJ-4とは?

DJ-4は音をミックスする装置です。 手のひらサイズの本体に、ふたつの入力端子,ふたつの音量ツマミ,そして ミックスされた音をスピーカーに渡す、出力端子がひとつ備わっています。

おしゃべりだけ(=BGM無し)のポッドキャスト番組「うまのりラジオ」 をiPhoneから、曲をiPod nanoから、それぞれDJ-4にセット。 BGM付きの番組に仕立て、スピーカー(JAMBOX)に橋渡し。

ということで「After Service(YMO)」をバックに manolinさんyodaさんの会話が弾む風景が出来上がります。(笑)

f:id:wabysprg:20150715111753j:plain:w454

JAMBOXにセットしてみた

ふたつの音源をDJ-4でミックスしJAMBOXで再生する様子。  DJ-4には、入力ケーブルが2本(写真の白いケーブル)付属され すぐにミキシングが楽しめます。

タッチキーではなく「つまみ」で音量を変化できる。 この至極快適かつリアルな感触を本機はかなえてくれます。

そしてDJ-4もうひとつの美点は、バード電子さんならではの 「本体の作り込み」と「しっかり感」。 厚口の金属板2枚を「コ」の字型に折り曲げて組まれたボディは 小型にもかかわらず総重量180グラム。良質なラバー製の足も備わり ボリューム操作時も本体はデスクに吸い付いているかのごとく安定。 入出力端子の建て付けの良さなど細部まで手抜かりがありません。

バード電子さんの公式サイトによると、ツマミはエレキギターFender ストラットキャスター)と同じものを採用とのこと。 じっさい、コントロール性抜群です。

DJシリーズはほかにも様々なバリエーションがあり、 ユーザーの「こうしたい」に応えています。

追記:DJ-4がマイナーチェンジ!

2015年3月。人気のDJ-4がマイナーチェンジしました。 本体はブラックとグレーの2種類(記事執筆時点にて)。 外観だけでなく、回路も新しくなっているとのこと。 しかも価格が安くなっている!

→ バード電子「DJ-4」掲載ページ