和田哲哉 -LowPowerStation-

ステーショナリープログラムと信頼文具舗を運営している和田哲哉のブログです。

Nokia Lumia 620 は廉価版端末なのに見どころいっぱい

ノキアWindows phone 端末シリーズ「Lumia」。 私が入手した Lumia 620 はそのベーシックモデルですが 外筐(外部筐体)の交換が可能な方式を採用したため、 ユーザーが内部の工夫を簡単に見ることができます。

f:id:wabysprg:20150715111943j:plain:w398

新型? いえ、外筐を外した状態のLumia 620です。

f:id:wabysprg:20150715111945j:plain:w454

側面に薄く仕込まれたパーツが見えます。 これらはマイクロスイッチです。 外筐には形だけの押しボタンが備わっていて、 間接的に内部のマイクロスイッチを押す仕組みです。 側面にこんな精密な仕込みが隠されています。

f:id:wabysprg:20150715111949j:plain:w452

驚くことにヘッドホン端子も外筐側に備わっているので その端子に電気信号を橋渡しするための「物理ポート」が 用意されています。ポートと言うにふさわしい 本当の港(というか船のドック)みたいな形状で 思わず見とれてしまいます。

f:id:wabysprg:20150715111951j:plain:w452

最後はスピーカー部分。 ここに大きなスピーカーが仕込まれています。 開口部は防じん用のネットで守られていて その中にはY字型の保護フレームが見えます。 音もれ防止、びびり防止のために、開口部と外筐との 接触面にはラバー素材の部品を配する手間のかけよう。 Y字フレームと開口部の変形5角形を組み合わせ たルックスがいかにも音響部品という感じで オーディオ好きを笑顔にさせます。

残念ながらiPhoneはユーザーには分解できませんし 以前使っていたギャラクシーは、内部の作りが大味で 鑑賞にたえるものではありませんでした。 ノキア製品であっても開封できるモデルは少ないです。 Lumia 620 ユーザーの皆さんはこのあたり じっくり観察してみてください。

※日本国内で、いわゆる「技適マーク(=技術基準適合証明)」の無い装置を運用することは電波法に違反します。本エントリーは、技適の認証を受けていない機器の日本国内での利用を勧めているものではありません。また、本エントリーの読者様等が各国の法律に反して装置を使われても、本エントリーの著者は一切責任を負いません。