読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和田哲哉 -LowPowerStation-

ステーショナリープログラムと信頼文具舗を運営している和田哲哉のブログです。

ミミックをグレードアップさせる「ブラスグリップ」

万年筆風補助軸「ミミック」ご愛用のユーザーに朗報です。 「ミミック」の見た目も使用感も大幅にグレードアップさせる 純正アクセサリー「ブラス グリップ」が発表されました。

f:id:wabysprg:20150715112059j:plain:w407

「五十音 ブラスグリップ」 (写真はミミックをクラシックな印象にする「ブラス地」)

ブラスとは真鍮(しんちゅう)のこと。 銅と亜鉛の合金で、切削・曲げ・ロウ付けと様々な加工に優れ 楽器や精密な電子機器の筐体など多くの製品の素材になっています。 筆記具の部品としても、今でも各所に真鍮が使われています。

銀座の筆記具店:五十音さんでは、古くから 「真鍮振り出しボールペン」(五十音オリジナル)が取り扱われ、 手応えある重量感と表面の経年変化などが好評でした。 ここ数年の間には大手文具メーカーなどからも 真鍮製の文具が登場しているようです。

そして今回、その五十音さんから、ミミック純正のグレードアップ・ アクセサリとしてブラスグリップが2種類登場しました。

f:id:wabysprg:20150715112102j:plain:w396

「ブラスグリップのバリエーション」 (左から「ブラス地」・「クローム」。右端は従来のアルミ)

これまでのアルミ製に較べ部品重量が3.8グラム増加しただけですが 使い心地は一気に変化。手応えある書き味を楽しむことができます。 また、表面のローレット(ギザギザ)加工を廃し、意外と多い ローレット嫌いの人にも安心して使えるようになりました。 内面のネジ切りも精度の高い仕上げで操作感も大幅に向上しています。

そして写真では曇っているように見える部品の表面は、 切削加工時に現れる極めて微細な「らせん」の溝です。 この微細な溝をあえて残したことで、キャップの挿抜(そうばつ)時 に、気持ちの良い「サクッ」とした感覚が手指に伝わる趣向です。

ふたつのバリエーション: ・真鍮の素材感を楽しめ、クラシックな雰囲気を高める「ブラス地」 ・真鍮に美しいクロームメッキ仕上げを施した「クローム

私は現代的なローラーボール替芯とクラシックな見た目との コントラストを楽しめる「ブラス地」をセットしてみました。

(「ブラスグリップ」は信頼文具舗と五十音で発売中。)

→ 信頼文具舗 公式サイト → 五十音 公式サイト