和田哲哉 -LowPowerStation-

ステーショナリープログラムと信頼文具舗を運営している和田哲哉のブログです。

息を呑む美しさ「Blackberry Passport」がやってきた。

箱から出して ・・・息を呑みました。

f:id:wabysprg:20150715112843j:plain:w454

Blackberry社のスマートフォン「ブラックベリー・パスポート」です。

Blackberry社の前身はRIM社(Reserch In Motion Limited)。カナダのページャー(=文字表示型ポケットベル)の通信事業社でした。その後、操作性の良い超小型サイズのキーボードを備えたポケットサイズの携帯電話端末「Blackberry」を開発しました。これが世界的なヒットとなり会社は急成長。一部の機種はdocomoでも取り扱いが行われ、日本にも多くのファンが生まれています。

f:id:wabysprg:20150715112845j:plain:w454

( Blackberry Passport と Blackberry Bold )

そもそもブラックベリーは、キーボード付き端末とRIM社が提供するワークグループシステムとのセットでの使用が(ブラックベリーの能力を最大限に発揮できるという意味で)前提であり、そのシステム契約を結んだ大口の企業ユーザー向け端末という意味合いが強いものでした。

私もこれまでにdocomo版のブラックベリーを使ったことがありますが、あくまで個人用途であって、ワークグループシステムとは無縁でした。それでもなお、小さいのに使いやすく特徴的な「物理キーボード」を有する携帯電話端末の存在は、私のようなキーボード・ファンにとって有り難いものでした。

近年では経営不振から存亡の危機に直面しているらしいBlackberry社。しかしここ最近になって、OSの刷新や新機種の投入によって一定の話題が出てはおりました。そして今年、Blackberry社が巻き起こした(私にとって)一番のサプライズが、この四角く大判の端末「Blackberry Passport」の発表です。

f:id:wabysprg:20150715112846j:plain:w398

虚飾を廃した「静かな」外観。手で触れるとひんやりと冷たい、スリムな金属製フレームに守られた品質感あふれるボディ。他社のスマートフォンの進化に圧倒され、私を含め長くつらい思いをしてきたであろう、ブラックベリーファンが泣いて喜ぶような美しいプロダクトの出現です。

f:id:wabysprg:20150715112849j:plain:w395

取扱説明書の冒頭に掲げられた、パスポートの本体の作りに関する記述:「現代的建築物の鉄骨構造にインスパイアされた・・・」の一文に気持ちが高まります。

f:id:wabysprg:20150715112850j:plain:w452

ブラックベリー風のキーボード付きケース「TYPO2」を装着したiPhone5sとともに。・・・欲しい人には欲しい。要らない人にはその価値がまったく理解出来ないであろう「物理キーボード」。でもこれだけ美しいカタチで提案されましたら、心が揺らぐ人もおられるのではないでしょうか。

====

ブラックベリーパスポートについてはこんな感じのようです。 ・最初からOSに日本語表示機能と日本語テキスト入力機能が備わっている。 ・日本語表示に使われているのは、いわゆる「中華フォント」。 ・日本語ユーザー辞書登録は有る。ただし少々クセがあり。 ・docomo SIM では mopera U 経由で動作するらしい。 ・一部のdocomo系 MVNO SIMで動作するらしい。 ・OCN モバイル one 音声対応SIMで、データ,SMS,音声がOKらしい。

====

※ブラックベリー・パスポートとそのアクセサリーについては、海外ガジェットとアクセサリーのオンラインショップ「Jetstream Shop」様のお世話になりました。

※また、ブラックベリー・パスポートについての関連情報は「Jetstream BLOG」様を参考にさせていただきました。( Jさん、ありがとうございました! )

f:id:wabysprg:20150715112852j:plain:w300

※日本国内で、いわゆる「技適マーク(=技術基準適合証明)」の無い装置を運用することは電波法に違反します。本エントリーは、技適の認証を受けていない機器の日本国内での利用を勧めているものではありません。また、本エントリーの読者様等が各国の法律に反して装置を使われても、本エントリーの著者は一切責任を負いません。