読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和田哲哉 -LowPowerStation-

ステーショナリープログラムと信頼文具舗を運営している和田哲哉のブログです。

iPhone、5sと6sの差は大きかった

機種交換しました。
メインで使っているiPhoneを5sから6sに。
2年使ったので良いかな?ということで。

iPhoneなので、この手のレポートは各所無数に出ていると思います。ですので私なりの感想をささっと書いてみます。

f:id:wabysprg:20151008184458j:plain
(写真)パープルの系の美しいコーティングのレンズ …が、ボディから突出しているという、デザイナーの見識を疑いたくなるカタチが特徴のiPhone6シリーズ。6sになっても結局突出のまま。普通に置けば最初にレンズが傷つくという仕掛けです。(え?「それこそがアップル・デザインじゃないか!」ですって? そうですか、そうですか。)とにかく何かiPhone用ケースを買わなければいけません。

iPhone6s5つの印象

1.速い!
手にして最初に出た言葉は「速い!」。これまで5sだったことや「5s+iOS9」の鈍重さを一度経験してからの6sなので余計にそう思うのでしょうけれど、6から6sになって高速になったCPU(内部演算処理部品)の効果は確実に現れていると思います。これまで回線速度がネックだと思っていたさまざまな動きの鈍さは、実は大部分において処理速度に原因があったみたい。また指紋認証も恐ろしく速いです。大袈裟ではなく、ホームボタンに指を置いた瞬間ロック画面から解除します。 この「すべてが速い」は今後、日常のQOL(quality of life)を大きく向上させてくれることでしょう。

2.写真がキレイ
これは今まで5sユーザーだったからこその驚きです。高精細。暗がりでは肉眼よりも明るく写り、しかも画質も確保されています。ようやく別にカメラを持ち歩く必要が無くなりました。円安やアップルの施策によって最近のiPhoneは高いと言われていますが、デジカメを買わなくて済む事を考えればあまり気になりません。なお、iPhone6と較べても画素数はアップしているそうです。

3.音がイイ
ヘッドフォン端子から出てくる音。対5s比で良くなっていると思います。少なくとも私がこれまで感じてきた「iPhoneだからこの程度」というあきらめのレベルからは脱しています。SONYのウォークマンにはかないませんけれど、騒音の多い街なかでの「ながら聴き」であれば充分な感じです。

4.大きさに正解は無い
5s→6s→6s plusと大きくなる中でどれがベストかは人によって違うのは当然ながら、自分ひとりにとってもベストは無いと思いました。互いにトレードオフ(あちらを立てればこちらが立たずの関係)です。5sならiPhoneケースにセットしてもスルッとジーンズのポケットに収まる。シャツの胸ポケットに入れても飛び出さない。でも6sは老眼にとって本当に有り難い。iPhoneケースに入れるとかなり大きい。6s plusでのウェブ・ブラウジングは快適。当然ポケットにはムリ。さて6sか6s plusか。私はカバンを少しでも軽くしたいので6sという選択でした。

5.3d touch は使っていない
6と6sとの間での決定的違いは液晶画面全面に仕込まれた感圧センサー「3d touch」です。指先で画面を押す際の強さを2段階判別し新しいユーザーインターフェイスを生む仕組みです。今のところ私はこの機能を深く使ってはいません。対応するアプリが少ないせいもありますが、3dの操作でなくとも困ることが無いからです。でも今後に繋がる画期的なインターフェイスであることは確かです。  
 
ということで、私は1~3の新しいメリットを得ることができて本当に買い替えてよかったと満足しています。これならば5sユーザーは即、6sにしても良いのではないでしょうか。6ユーザーは処理速度の違いを店頭で確かめてみると良さそうです。

f:id:wabysprg:20151009000651j:plain
(写真)" spigen for iPhone 6s/6"

あわててケースを買う

じつは買って三日後にiPhoneをコンクリートの床に落としまして、大慌てで屈強そうなケースを買いました。これまで各世代のiPhoneを落下させてきた経験から「カドを守る」・「落下時の衝撃を本体回路に伝えない性能」・「硬軟二層構造の安心感」を基準に「 spigen 」という銘柄に決定しました。液晶画面の保護はmasaさんの報告からAnkerのガラスフィルムが、貼るためのキットが優秀で現時点でのベストのようです。

f:id:wabysprg:20151009022755j:plain
(写真)spigen装着時の側面。iPhoneの操作ボタンの上にspigenのボタン部品が被る構造。それでもiPhoneのボタンのクリック感が指へとダイレクトに伝わり、良好

spigenのケース。屈強系ながら充分にスリムで手にしても不自然な感じはありません。iPhoneの操作ボタンの上にケース側に備わった別のボタン部品が被る構造ですが、それらボタンの操作感は良好。ヘッドフォン端子周辺の開口部も大きめでうれしいところです。ケースに入れてようやく製品を安心して使えるというモヤモヤした気分は横に置いておいて、spigenは良い買い物になりました。
 
注記:これと同じ製品は廃番になっているようです。

以上、ざっくりとした感じですみません。そのほか別のiPhoneケースも買っているのですが、初期不良のため発売元に相談中。上手く行きましたらご報告します。ではまた!