読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和田哲哉 -LowPowerStation-

ステーショナリープログラムと信頼文具舗を運営している和田哲哉のブログです。

スマートフォン王国!! in TOKYO 2015

スマートフォン関連の話題をテーマにした、知る人ぞ知るラジオ番組「スマートフォン王国!!」。10月末、通算2回目となる東京イベントが開催されました。すっかり遅すぎですが私の所感を含めてレポートを。

「スマートフォン王国!!」とは?

「スマートフォン王国!!」は、携帯電話やスマートフォンなどに詳しい「モバイルプリンス」こと、島袋コウさんと、島袋さんの親友であり番組進行役の玉ちゃんとのふたりで2012年にスタート。毎週木曜日、スマートフォンやタブレット端末の新製品情報,便利な使い方,楽しいアプリの紹介などスマートフォン界隈の話題を中心に繰り広げられる1時間のラジオ番組です。
 
f:id:wabysprg:20151219070515j:plain
(画像使用許諾済)
 
この番組は沖縄のコミュニティFM局:沖縄ラジオ(通称「オキラジ」)から発信され、本来は沖縄市内に向けて放送されているものでした。しかし、マニアックなテーマでありながら出演者さん達が作り出す楽しい雰囲気とウェブによる同時動画配信やポッドキャストの力も借りて全国の多くのスマートフォン・ファンからの熱い支持を獲得。あまり前例の無い人気拡散の様子はNHKの専門誌「放送研究と調査」でも紹介・検証されました。

2013年には、新たに3人目のメンバーとなる萌ちゃん(元「フォルダー5」メンバー)が「スマートフォンのビギナー役」として参加。以降、番組の人気は一気に高まります。現在のビギナー役は2代目。ストリートパフォーマーのクラウン・ティアラさんが務めています。
 
f:id:wabysprg:20151219070534j:plain
(画像使用許諾済)

2回目の東京イベント開催!
会場は前回と同様、いわゆる貸会議室というお堅い雰囲気の「TKP神田ビジネスセンター」。80人(?)近い参加者が広い会場を埋めています。
 
f:id:wabysprg:20151202065643j:plain
 
f:id:wabysprg:20151202064422j:plain
(写真)「ぺーさん」の前説からスタート。
 
まずはサポートメンバー「ぺーさん」による楽しい前説から始まります。その後、少々緊張の面持ちでプリンス・玉ちゃん・ティアラさんが入場です。
 
f:id:wabysprg:20151202064546j:plain
 
じつはこの日、参加者のほとんどが男性。ところが「ぺーさん」のパーフェクトな前説のおかげで会場のテンションは妙に高まっており、メンバー達を盛大に歓迎。3人のほうが参加者に引っ張られ気味になるという状況からイベントが開始されました。
 
プリンスさんは開口一番「今回このイベントが初めての人、手を挙げてください」と問いかけ。なんと半数近くが挙手。プリンスさんすかさず「リピート率少なっ!」と叫んでいました。いえいえ、こんなに多くの新規流入・入れ替えがあるのはイベントとして素晴らしいことだと思いますよ。
 
f:id:wabysprg:20151202064803j:plain
   
この日の演目は、番組の歴史,今年のスマートフォンを振り返る,協賛各社のプレゼントがもらえるビンゴゲームなど盛りだくさん。見どころはティアラさんによるスマートフォン・ジャグリングかな。
 
f:id:wabysprg:20151202064840j:plain
 
落とした位では壊れないというヘビーデューティータイプのスマートフォンを会場のお客様からお借りしてのトライ。はじめはあまりの重量と大きさにティアラさん躊躇するも見事に成功。会場のほぼ全員が男性というプレッシャーにも負けず(?)頑張っておられました。
 
f:id:wabysprg:20151202064924j:plain
 
モバイルプリンスさんの功績
 
昨年の第1回東京イベントでは、彼らは番組の人気の高さをリアルな場を以て証明しました。今回はイベント経費の全てをクラウドファンディングに委ね、しかも数日で目標金額を達成。こうした「伝説」を次々と生み出す番組「スマートフォン王国!!」。
 
f:id:wabysprg:20151202065002j:plain
 
私は2013年からのリスナーですが、モバイルプリンス・島袋さんの活動を微力ながら応援しています。私が彼を「買っている」ところ・・・。
 
まず何より、スマートフォン・ファンの接点となる「場」をウェブ上だけでなく現実世界にも作り上げてくれたことです。ふつう、趣味の世界ではブログによる情報発信が一般的です。島袋さんはそこを一足飛びにしてラジオ番組という表現方法で私達に呼びかけをされました。さらには今回のようなイベントも主催されています。
 
f:id:wabysprg:20151219080607j:plain
(写真)トリニティの星川社長よりプレゼントの提供が
 
f:id:wabysprg:20151219080650j:plain
(写真)週間リスキーのアックン・オッペンハイマー氏の姿も
 
おかげで私たちリスナーは、番組内においては「程度が過ぎたスマートフォン愛を持つ」プリンスさんと「一般人」たる、玉ちゃんやティアラさんとの面白可笑しいやりとりを通じ、スマートフォンマニアが世間からどういう目で見られてしまっているのかを(ときに自虐的に)シュミレートできます。また今回のようなイベントではスマートフォンファンの互いの存在確認も出来ました。携帯電話が世の中に登場して以来とても長い年月が経ちながら有りそうで無かった、こうしたユーザー主導型のコミュニティーが彼らのおかげで生まれたのであります。  
f:id:wabysprg:20151219080634j:plain

さらに凄いのは島袋さんのファンへの接し方です。ヲタク度が半端ではない人に対しても笑顔で受けとめ、ときにさらりとギャグでかわし、コミュニティーの雰囲気を常に暖かくできる才能。そうした優しさあふれる態度で接してくださる島袋さんに好感を持ったり感謝したりしているファンはとても多いのではないかと思います。
 
メーカーや通信事業者側に対しての意見の上げかたも島袋さんならではのもの。それは島袋さんご自身が通信事業者のショップ店長や社内教育係をご経験されていたことによる影響が大きいと思われます。
 
スマートフォン王国の活動に注目されている「業界側」の人達も多いに違いありません。実際、先日に新発想のWin10 Mobileスマートフォン「NuAns」を発表されたばかりのトリニティ星川社長,週間アスキー内のコーナー「週間リスキー」を担当されているアックン・オッペンハイマー氏など、スマートフォン界隈で活躍されている方々がゲストとして来場されていました。
 
f:id:wabysprg:20151202065043j:plain
(写真)受付係として島袋さんの奥様も来てくださった!
 
ブロガーとしての活動にとどまらず、体を張り、沖縄という距離とそのほか決して少なくはないリスクを背負ってイベント活動されているモバイルプリンス=島袋さん。ご本人はいつも笑顔ですが、その負担は半端では無いと思います。一部有志のかたは彼をビジネス面からサポートしているようです。でも私にはそのような余裕は無く、声援を送るのが精いっぱい。本来ならば沖縄にある「王国」に参じなければいけないのに。
 
今回はクラウドファンディングの成功を成し遂げられましたが、今後の活動もまだまだご苦労が続くのではないでしょうか。しばらく東京大会についてはご無理をされず、地元の「王国領地」の地固めを進めていただけたらと私は思っております。
 
→ モバイルプリンス・公式ブログ
 
smartphoneokoku.net