和田哲哉 -LowPowerStation-

ステーショナリープログラムと信頼文具舗を運営している和田哲哉のブログです。

わたし的には信頼性の低いマイクロSDカード

ご無沙汰しており申し訳ございませんでした。

他所で文字執筆の機会があり、相対的にブログが2週間以上も休眠状態になってしまいました。ボチボチ再開します。  

  

今日はSDカードのお話です。  

  

ニコンD7200用のSDカードを補充しようと思い、アマゾンでポチっとしました。カードに保存する画像データは多くて50枚程度なので、買うのはいつも32GBです。ところが、、、今回、間違ってミニSDカードではなくマイクロSDカードを買ってしまったのです。  

  

f:id:wabysprg:20170605191051j:plain
ミニSDカード(左)とマイクロSDカード(右)  

  

スマホではマイクロSDカードが当たり前ですが、D7200のスロットはミニSDカードの仕様です。「ならばマイクロSDカードアダプターにセットして使えばいいだろう?」との意見もわかります。それと、最近のミニSDカードの中身にはマイクロSDカードがそのままセットされているという例もあります。  

  

f:id:wabysprg:20170605192741j:plain
マイクロSDアダプター  

  

ところがアダプターを介したマイクロSDカードは、D7200にセットしてもMacBookにセットしてもエラーが頻繁に発生するのです。

原因はアダプター内の接触不良のようです。手元に3個のアダプターがありますが、どれも似たような結果です。おおむね使えるのですが、なにかのきっかけでエラーに陥ります。でも「おおむね」では心配で使えませんよね。  

  

思い起こせば、これまでにも(このトランセンド社製ではないけれど)マイクロSDカードでのデータ消失やカード自体の破損を3度ほど経験していて、私にとりましては本当に信頼性が低いのです。金属端子部分にガードが全く無いので手指からの静電気をモロに受けてしまうのかな。  

  

f:id:wabysprg:20170605193352j:plain
ニコンD7200のメモリーカードスロット  

  

ということで、「マイクロはミニを兼ねない」というお話でした。  

  

追伸:

それとメモリーカードは偽物が多いので、注意。  

  

そして、次回は雑談です。

blog.sprg.jp