和田哲哉 -LowPowerStation-

ステーショナリープログラムと信頼文具舗を運営している和田哲哉のブログです。

良い意味で手頃・オーディオテクニカATH-AR3BT

話は今年の帰省先から。娘がBT(Bluetooth)ヘッドフォン(インナーイヤータイプ)を家に忘れてきたというので、代わりになるヘッドフォンを買いに近くのヨドバシカメラまで行きました。

前回の娘のゼンハイザーの時と同様、あれこれ試聴したのち、今回はオーディオテクニカのATH-AR3BTに決定。実売で1万円を少し切るくらいのものです。

  

f:id:wabysprg:20180112132758j:plain

オーディオテクニカATH-AR3BT

ところが店員さんにお願いすると「さきほど売れてしまったばかり」とのこと。試聴のご恩があるので、すぐにヨドバシの通販に切り替え、翌朝の受け取りになりました。

  

f:id:wabysprg:20180113162101j:plain
BT版になってもオーディオテクニカの良さが出ているデザイン

  

オーディオテクニカは日本の音響用品メーカーです。アナログレコードプレイヤー関連製品(アームやカートリッジ)、マイクロフォン、ヘッドフォンなどの精密なオーディオアクセサリーを開発・製造しています。そのほか業務用の放送機器なども。本社が拙宅からすぐ近くの東京都・町田市にあります。

  

ATH-AR3BTは低価格の密閉型ヘッドフォンにBluetooth通信機能を加えたもので、ヘッドフォンケーブル有り/無しの両方で使うことができます。

小型でオーソドックスなスタイル。左右のハウジングには、おなじみオーディオテクニカのロゴマーク。本体色はブラック/ホワイト/レッド/ブルーの4種類あり、ブラックとホワイトには写真のようなゴールドの「色差し」が入っています。

私から見るとゴールドの輪はちょっとオジサンぽいかな?と思ったものの、娘はむしろこのゴールドが気に入っていて、ブラック一択(いったく)だそうです。

f:id:wabysprg:20180113162114j:plain
コンパクトなハウジングにφ40mmのドライバーを収容

  

本機は直径40mmの立派なドライバー(=スピーカー部)を備えていて、イヤーパッドは小型のオンイヤー(耳載せ)タイプ。

上位モデルATH-AR5BT(実売1万六千円くらい)はドライバーが45mmとなりますが、店頭での試聴では中低音がやや締まりの無い印象だったのでAR3BTで良いのでは?と判断しました。(他のレビューによると高音域のスッキリ感はAR5BTのほうが少し上と書かれていました)

バッテリー駆動時間は30時間と充分なものです。 作りの良いヘッドフォンケーブルが添付されていて、電源OFF(=BT無し)での使用も可能です。

  

f:id:wabysprg:20180113162126j:plain

左側に音量+操作系スイッチ、右側に電源+同期スイッチ

 

BTヘッドフォンですがNC(ノイズキャンセリング)機能は備わっていません。

iPhoneからヘッドフォン端子が消えて久しく「とにかく安価なBTヘッドフォンであればいい。高額になりがちなNC機能は無くてもいい」という需要はあるはずです。そうなると、NC機能無しのBTヘッドフォンでちゃんと聴けるのはどの位までの価格のものなのか、興味のあるところです。

ちなみにインナーイヤータイプですと中国系ブランドの3千円前後の物を使っている人も多いのではないでしょうか。

 

f:id:wabysprg:20180113162138j:plain
オンイヤータイプなので MOMENTUM WIRELESS よりコンパクト

  

オーディオテクニカにはBT無しのATH-AR3(実売五千円前後)というモデルがあり、ドライバーのランクとしてはこのモデルに準じるものと思われます。

ただ、BTが付くということはヘッドフォンアンプがヘッドホン側に備わるので、場合によっては(=設計によっては)良い音を期待できます。

  

f:id:wabysprg:20180113162214j:plain
同じく娘が使っている HD25-SPII と大きさ比較

  

さて音です。まずBTを経由させずヘッドフォンケーブル直挿しにて。中低音は程よい量感あり力強くも引き締まっていて好感。高音域は仕様上は35000HZまでと記載がありますが、オーディオテクニカの味付けなのかドライバーの能力なのか抑え目に感じます。このセッティングはジャズやエレクトロニカでそれほど気にならないものの、ボーカル中心の曲になると比較的明確に現れ、声のスッキリ感が低下し「まるっ」とした感じになります。楽器の高音域よりも、例えば人の「サシスセソ」に含まれるなにかの成分のほうが高域に依存しているのかもしれません。最近多いEDM(Electronic Dance Music)あたりを考えるとこのあたりのセッティングが好まれるのでしょうか。

  

ヘッドフォンケーブル直挿し時の音を比較対象にして、次はBT経由の場合。すぐには両者の違いは感じず優秀。中低音域の適度な力強さはこちらも健在です。もう少し聞き込むとBT経由のほうが音の分離も広がりも若干不足していて、ごちゃっとしていることが分かります。でもそれは仕方の無いことだと思います。

ケーブル直挿しでも気になっていた高域の不足感、と言うかボーカルの「まるっ」とした感じは、BT時ではもう少し顕著になり、音楽再生アプリ側で積極的に音質調整を掛けたくなります。

BT時の、おそらくヘッドフォンアンプが発していると思われるホワイトノイズ(「シー」音)はわりと有って、音のスッキリ感について少し足を引っ張っています。屋外で聴くのには問題の無いものと思います。

クラシックや線の細い曲よりは賑やかな曲のほうが良さそうです。

  

ついつい追い込んでしまうので厳しく書いてしまいましたが、私がオーディオテクニカの音の傾向に慣れていないからということもあります。少なくとも、私が聴いてガッカリするようなことはありませんでした。NC機能付きは買えないけれどBT付きは欲しいという、ちょっと後ろめたい気持ちをうれしい結果へと導いてくれる、良い意味でお手頃なヘッドフォンだと思います。

自宅での聴き込み用とお出かけ用を使い分けるとして、お出かけ用としてちゃんと楽しめる、コストパフォーマンスの高い機種です。自宅ではケーブル直挿し、お出かけでBTモードでも良いかもしれません。

  

*追記になります*

iPhoneであれば、標準アプリ「ミュージック」の「イコライザー(=音質調整)」を「Treble Boost(=高音側強調)」にすると、多少高音過剰ながら私としては好みの傾向になりました。

きめ細かな音質調整をされたい場合には、iPhoneであれば「KAISER TONE」などの音楽再生アプリの導入も検討されると良いでしょう。KAISER TONE のデフォルトの音質設定「iTunes Perfect」だけでも効果があります。

最近はヘッドフォンの「エージング(=長期間使うことでドライバーがこなれて音質が改善する)効果」をあまり信じなくなっているものの、しばらく娘に使ってもらってから再度全体の音質の確認をしてみたいと思います。

  

f:id:wabysprg:20180113162253j:plain
ヘッドバンド部分の作りの良いクッション

  

美点は本体各所の丁寧な作りです。ヘッドバンド部分にはシンプルな見た目ながら作りの良いクッション材。イヤーパッドも装着調整用のヒンジ部品もしっかりとしていて、毎日気持ちよく使えます。交換用イヤーパッドやケーブルも別売りで用意されています。長く愛せる製品になっていると思います。

 

 

 

f:id:wabysprg:20180113162308j:plain
ドライバーを内側にして折りたたむタイプ

  

ヘッドフォン端子の無くなったiPhoneを使うユーザーが通勤通学で気軽に音楽を楽しみたい。コンパクトなオンイヤータイプのBluetoothヘッドフォンを手軽な価格で探している人に好適ではないかと思います。

  
(以降はAmazonのアフィリエイトです) 

  

オーディオテクニカ Sound Reality ATH-AR3BT BK [ブラック・ゴールド]

オーディオテクニカ Sound Reality ATH-AR3BT BK [ブラック・ゴールド]