和田哲哉 -LowPowerStation-

ステーショナリープログラムと信頼文具舗を運営している和田哲哉のブログです。

Nikon D7500を触らせてもらいました。

連日 @masawada さん関連の話題ですみません。カメラをD90からD7500に更新したということで、さっそくD7500を触らせてもらいました。

  

f:id:wabysprg:20180214001517j:plain

Nikon D7500 ボディ

D7500はニコンで言うところのDXフォーマット(=APS-C)のデジタル一眼レフカメラです。ニコンの型番7000番台はこれまでにD7000、D7100、D7200と更新されてきて、今回は数字が300増えてD7500になっています。D7500でボディが「マグネシウムダイカスト+別体シャーシ」から「高剛性炭素繊維複合材料モノコック構造」に変更となり、おそらくフルモデルチェンジ相当の改良です。

従来モデルに比べて軽量化とボディの薄型化が実現されていて、上の写真のとおりグリップ部分の握りが深まり、撮影時のホールド性が高まっています。

  

f:id:wabysprg:20180214001621j:plain

ボディーの基本部分がD7200に比べ薄型化している

黄色い線で示した範囲がボディの基本部分です。私が使っているD7200と比べると、この範囲が2~3割スリムになっている感じです。D7200だけを使っているうちは気になりませんが、一度この薄いボディを手にしてしまうとこれが当たり前になってしまい、D7200が鈍重に思えてしまいます。

シャッターを切った際に発生する音はソフトになっていて、薄型化のメリットも含め、マグネシウムから樹脂系ボディに変更されたことによる(コストダウンなのかな?とかの)ネガティブな先入観は吹き飛んでしまい、静かでスマートな機種になったという印象です。

撮影に関しては、室内撮影でのオートホワイトバランスの動作についてD7200より良くなっている気がしましたが、そのあたりはいつかまた確認してみたいと思います。

  

@masawada さんは当然、DXフォーマット機の最上位機種であるD500も検討したそうです。D500のファインダーの素晴らしさは認めつつも、ボディのサイズや重量が大きくなってしまうことと、今回はレンズを複数本買い増ししたいとの希望からD7500に決めたとのことです。

良いお買い物だったと思います。 

  

blog.sprg.jp