和田哲哉 -LowPowerStation-

ステーショナリープログラムと信頼文具舗を運営している和田哲哉のブログです。

手紡ぎ・草木染ペルシャ絨毯展

東京都中野区にある、「中野山田屋」さんのアートスペース:「シルクラブ」で開催された「手紡ぎ・草木染ペルシャ絨毯展」におじゃましてきました。

昨年の同展示では私たち東京小猫商会も物販で参加させて頂きました。今回は来場者として。

基本的に展示販売会(=買い物をされるかたのための展示)ではありますが、いまや日本に数多く輸入されているイラン製絨毯の中でも、機械による大量生産品ではない、伝統的手法(手紡ぎ・草木染)で作られた高級なペルシャ絨毯を手で触れて確かめられる貴重な機会ということで、ここに記してみたいと思います。

 

f:id:wabysprg:20180223005952j:plain

大判の絨毯。青色の美しさ。

 

f:id:wabysprg:20180223010041j:plain

シルクラブの豊かな空間を存分に生かした展示。
絨毯に座ったり、ちょっと歩いたり。そんなことも。

 

f:id:wabysprg:20180223010104j:plain

シルクラブの展示では恒例になっている2階のカフェスペース。
今回は空間もメニューも展示テーマに合わせた「ペルシャンカフェ」。
ここに座ったり、クッションにもたれかかってお茶やお菓子を頂けます。

今回のスペシャルメニューは来場でのお楽しみに。

 

f:id:wabysprg:20180223010132j:plain

写真右側の陶器類も今回の展示に合わせてセッティングされています。

 

f:id:wabysprg:20180223010144j:plain

カフェのメインルームにあるこの絨毯は極めて大判で、
縦糸の素材や細さなど、今ではもう作られることのない貴重品とのことです。

  

f:id:wabysprg:20180223163629j:plain

これも素敵なカフェのチケット。お買い物をされたり催事に参加された方が受け取るものだそうです。

   

訪問時(先週末)は大盛況でした。来場者を撮ることはできませんので、写真は閉館後の様子です。

  

「甦るミーリー工房の傑作
  手紡ぎ・草木染ペルシャ絨毯展」
2月17日(土)→25日(日)
11:00-18:00(会期中無休・入場は無料)
於:中野山田屋シルクラブ
東京都中野区沼袋2-30-4 / TEL:03-3389-4301
西武新宿線 沼袋駅 徒歩3分