和田哲哉 -LowPowerStation-

ステーショナリープログラムと信頼文具舗を運営している和田哲哉のブログです。

「タン」と「シャン」、電気ケトルのスイッチ

前回のお話の続きになります。

blog.sprg.jp

  

このケトル。
廉価モデルだからなのか、湯沸かしスイッチが
本体の一番下に備わっています。
最近のは上に付いていますからね。
でも私は、この場所にあるタイプが好きです。

  

f:id:wabysprg:20180226220743j:plain

電気ケトルの「下側にあるスイッチ」

  
他社製も含めて、ここにスイッチがある
タイプにほぼ共通しているのは、独特の感触。

電源をセットするスイッチとしての役目と
沸騰温度を検知した際のリリース機能との関わり
があるのか、パワースイッチにしては軽いのです。

そのスイッチを指で上下させた時の
「タン」と「シャン」が混じったような音とか
なんだか良いのですよ。

  

ただそれだけのことです。
本日は。

  

  

(以降はAmazonのアフィリエイトになります)