和田哲哉 -LowPowerStation-

ステーショナリープログラムと信頼文具舗を運営している和田哲哉のブログです。

「週刊はてなブログ」様にてご紹介を頂きました

ひさしぶりに緊張します。

「週刊はてなブログ」様にて私の新刊についてご紹介頂きました。

blog.hatenablog.com

しかも、人気ブログを運営され、今回新刊も出されてご活躍のハルヲサン様、pha様、ぬまがさワタリ様と並んでのご紹介ということで恐縮しています。

(それにひきかえ、ウチのブログときたら…。)

 

初めて拙ブログにご来訪の皆様、こんにちは。

私は1997年より文房具のサイト「ステーショナリープログラム」を運営しております和田哲哉と申します。2004年に出ました「文房具を楽しく使う・ノート手帳篇」(早川書房)から数えて今回が単独著作では4冊目となります。日本の文房具活性化のきっかけになった書籍のひとつとも言われている共著「頑張る日本の文房具」(ロコモーションパブリッシング)を含めますと5冊目です。

今回の「頭が良くなる文房具」は、ひとめを引こうとするタイトルに思われそうですが、(自分で言うのも変ですが)本当に真面目な内容でして、「文房具を仕事の道具として捉えること」や「文房具を考えて買う、考えて使うこと」を皆様にお伝えしたいという想いを込めて書きました。

  

おかげさまでいま、世の中は文房具ブーム、そして雑貨ブームです。そのぶんだけユーザーの層は厚くなり、また対象となる分野も相当に広くなりました。(例:万年筆・紙・手帳など文房具を構成する物品それぞれについてマニアの皆さんが広く深く掘り下げを行っています。)私はそれらの中でもいわば「文房具をちゃんと使う」派に属していると考えます。昨今の過大な情報に流されず、地に足を付けて文房具を使うための指針になるものを、本書を通じてご提示できたらと願っています。

  

いっぽう、こちらのブログは文房具についての記事は少なくて、テーマ定まらず、のらりくらりと書いています。アクセスを増やしたいブロガーが一番やってはいけないやりかたです。それなので、ちょっと弱気になって LowPowerStation(微弱ラジオ局)という名称になっています。でもこのブログをやっているおかげで、日々の仕事とのバランスが取れている感じです。メインサイトともども、よろしくお願いします。

  

はてなブログは、HatenaBlog公式アプリのおかげで電車の中でも気軽に下書きが出来るので、ブログと自分との距離がとても近く、忙しい日々でも更新を続けることが出来ています。まずは事務所でブログ用の写真をアップし、移動中にテキストを入力。私にはこのパターンが定着しています。

  

(週刊はてなブログ様、ありがとうございます。)