和田哲哉 -LowPowerStation-

ステーショナリープログラムと信頼文具舗を運営している和田哲哉のブログです。

うちの花粉センサーはクルマの屋根

 

昨日のニュースによると今年の花粉予想量は昨年の1.5倍になるそうです。まあ、テレビや新聞の数字(データ)の扱いほどいい加減なものはないのでアテにはなりませんが。

花粉はその日毎に飛んでいる量が違いますので、季節での総量も大事でしょうが「外出する日に飛んでいる花粉量」が直接自分に響いてくる気がします。

ではどうやってその量を測るか。うちではクルマの屋根に積もっている花粉を見て判断しています。

夕方の、ほぼ同じ時間にクルマの屋根をキレイな布で拭き取るのです。毎日屋根を拭いて傷付くのが怖い場合にはフロントガラスだけでも良いです。そして、夕方拭いたら翌朝までに新たに積もった花粉量を見る。それだけです。黒や紺などの濃色系のボディーだと花粉がよく見えます。

木が少ない地域の人には信じてもらえないかもしれませんが、私が住む神奈川県東部は丹沢山系を控えているからか本当に花粉が多くて、3月上旬の風が荒れ狂う日などは30分ほどの洗車を終えると屋根に新しい花粉が積もっています。

今の時期の花粉は杉なのでしょうか、鮮やかな黄色。東日本大震災の際には、この黄色い粒が放射能漏れの二次的物質ではないかと誤解されていました。

花粉の量を目で見て実感すれば対策にも気合が入ります。この季節、頑張って乗り切りましょう。