和田哲哉 -LowPowerStation-

ステーショナリープログラムと信頼文具舗を運営している和田哲哉のブログです。

いつ、どうやってブログを書いているの?

先日、「ワダさんは、いつブログを書いているの?」という質問を頂きました。

そのままお答えすると「空いている時間です」となるのですが、書きかたや書く手順には工夫をしています。

  

以前はイメージ(画像)先行型でした。「この写真を載せたい!」という動機付けが最初にあって、まずは撮影から。画像のトリミングやロゴの付加をしてアップロード。これらはもちろんデスクでの作業です。画像を見ながらテキストを打ちはじめ、それが完成したら公開です。どうも「絵」が無いと「文」を書けない気がしていました。これまでのほとんどはこのパターンでした。

テキストの入力は時間があればデスクで、移動が多いなら電車の中で「はてなブログ」のアプリを使って行います。

  

f:id:wabysprg:20180409154610j:plain

iPhoneアプリ「はてなブログ」

  

ここ最近は先にテキストが決まることも多いです。書きたいことを思い付いたら、すぐにアプリを起動させて主だったキーワードを入力。あとはデスクでも移動中でも少しずつテキストを書き進めます。今はお茶を飲みながら、MacBookのブラウザからテキストを書き込んでいます。

また以前はありえなかった「テキストだけのまま公開し、あとから写真を足す」こともやっています。

  

もっと言いますと、公開直後、翌日、数週間先、数年先にエントリー(記事)を読み返し、テキスト部分の書き直しをすることもあります。ブログって書きっぱなしというイメージがありますけれど、自分の場合は現在と整合を取りたいと思ってしまうので。

  

「はてなブログ」のアプリ
快適ですよ。