和田哲哉 -LowPowerStation-

ステーショナリープログラムと信頼文具舗を運営している和田哲哉のブログです。

MacBookでSDカードが認識されない時の対処をひとつ

・SDカードを認識しない問題で多くの人が困っているはず
・対処方法はMacBookの再起動やリセット系が多い
・もしかして簡単な方法で認識エラーが減少?

  

デジタル一眼で撮影した画像をMacBookに取り込むのに、一番てっとり早いのがSDカードをMacBookのSDカードスロットに挿してしまう方法です。ところがこの時、MacBookがSDカードを認識してくれない問題が頻繁に発生します。

「MacBook SDカード」で検索すると「認識しない」がサジェストされることからも多くの人が本問題で困っていることが分かります。

  

f:id:wabysprg:20180531035039j:plain

MacBookがSDカードを認識しない問題が頻発

検索の結果出てくる対処方法の多くはMacBookのリセットに関係したものです。一番軽いのが「再起動」、次に「PRAMリセット」、最後は「SMC(システム管理コントローラー)のリセット」となります。

私もこれらの「リセット系」をずっと使ってきましたが、時々毎回認識しない時もあり、再起動ですら大きな負担になっていました。

それが、ちょっとした工夫で認識しない問題が解決しているので、理由は未確認ながら、とりあえず皆さんにお知らせしたいと思います。

  

私はいつもSDカードをカメラにセットする時、律義にSDカードのフォーマット(初期化)あるいは画像データの全消去をカメラ上で実施していました。

  

f:id:wabysprg:20180531040552j:plain

いままでSDカードをカメラ上で毎回初期化していた

この初期化を実施したあとに撮影したSDカードをMacBookは認識できないようなのです。初期化だけでなく、画像データを(カメラ上で)全消去した後も認識しづらくなる気がします。

  

f:id:wabysprg:20180531041302j:plain

SDカードに少なくとも画像データを1枚残すようにした

カメラにセットしたSDカードの撮影済みデータを消去する場合、少なくとも何か1枚だけは画像データを残すようにしてみました。すると、それ以降、MacBookはSDカードを毎回認識してくれるのです。

f:id:wabysprg:20180531041727j:plain

「画像残し」以降、毎回SDカードを認識するように

カメラ上でSDカードを初期化したり画像データを全消去すると、MacBookが認識するための「とっかかり」のデータが消えてしまい、認識エラーが発生するのかもしれません。

  

それと、MacBookからSDカードを抜く場合、マウスポインタで「イジェクト」操作をして、SDカードのアイコンが画面上から消えてから少し時間を置いてSDカードを抜くことも大事だと思っています。

  

f:id:wabysprg:20180531042429j:plain

アンマウント後、すぐにSDカードを抜かない

これらの操作が「おまじない」ではなく確かな違いになるのか、もう少し様子を見てみたいと思います。

  

2018年10月21日追記:

ひさしぶりにSDカードを初期化したら、その一発でやっぱりMacBookがSDカードを認識しなくなりました。復旧にMacBookの再起動です。どうやら、上記の傾向は確かなようです。

  

 (以降はAmazonのアフィリエイトになります)