和田哲哉 -LowPowerStation-

ステーショナリープログラムと信頼文具舗を運営している和田哲哉のブログです。

ゼンハイザー HD25 を Bluetooth 化しました。

狙い通りの結果になりました。
  

モバイル用品の各種周辺アクセサリーを開発している「AUKEY(オーキー)」がAmazonでBluetoothレシーバーの数量限定セールを開催していました。

製品名称は「Portable Wireless Audio Receiver BR-C13」。有線タイプのヘッドフォンでもBluetoothを受信できるようにする小型のレシーバー装置です。

この種のレシーバーはすでに多くのメーカーから登場していますが、本製品ほど外観がスッキリしたものはありませんでした。

f:id:wabysprg:20180817195725j:plain

AUKEY BR-C13

この製品を見た瞬間、「ゼンハイザーのHD25に付けたらフィットするかも?」と考えたのです。

  

f:id:wabysprg:20180817200051j:plain

SENNHEISER HD25-1 II(改)

通常のヘッドフォンですと、長いヘッドフォンケーブルの先にBluetooth レシーバーを接続しなければならず、せっかくの無線化効果が台無しになります。ところがHD25はケーブル部分の別売り部品が多く出回っていて、交換や改造が簡単。なんならケーブルをバッサリと短くしてしまうことも可能です。

しかもこのレシーバー。裏面にクリップが備わっていて、クリップの幅がHD25のヘッドバンドの幅にピッタリ。まるでHD25のためにあるような製品。「フィットするかも?」のひとつめの予感が見事に的中です!

  

f:id:wabysprg:20180817200733j:plain

レシーバーのクリップとHD25のヘッドバンドの幅がピッタリ一致!

 

ちょうど手元に、いまは使っていないゼンハイザー純正のヘッドフォンケーブルと、分解&工作が可能なヘッドフォンコネクターがありましたので、レシーバーがAmazonから届いてすぐにヘッドフォンケーブルの切断に着手しました。

まずはレシーバーの音質を確かめたいだけの試作1号機ですので、ヘッドフォンケーブルの切断からコネクター加工の詳細は次回に。で、出来上がった写真がこちらです。

  

f:id:wabysprg:20180818005916j:plain

ゼンハイザーHD25にBR-C13を載せた試作1号機

白色のインシュロック(タイラップ)でケーブル固定というワイルドさは大目に見てください。とにかく頭にセットしてみました。

f:id:wabysprg:20180818010343j:plain

試作1号機を頭にセットした様子。

ゼンハイザーHD25は放送機材みたいな武骨なデザインなので、BR-C13が載っても「そういうもの感」があって、それほど悪くはありません(個人の見解)。でも下からはみ出したケーブルは「卑弥呼さまぁ!©ハイキングウォーキング」みたいなので改善したいところ。ヘッドフォンコネクターをL字タイプにすれば良さそうです。秋葉原に行かねば。

いまいちどBR-C13取り付け部分。こんどは反対面から。最初はBR-C13をHD25にネジ留めなどで固定してしまおうと考えていました。でもクリップでの着脱可能にしておけば、電池の持ちがあまり長くないBR-C13を2個運用することも簡単になります。

f:id:wabysprg:20180818011114j:plain

AUKEY BR-C13がピッタリ装着できている様子

肝心の音質。

BR-C13についてのAmazonのレビューには一部厳しいものが出ていましたが、それほど悪いという印象は無いです。そこそこ上手にHD25をドライブしているし、ホワイトノイズも気になりません。HD25の高音成分がだいぶ大人しくなっているのでBR-C13のヘッドフォンアンプは高域が下がっているかもしれません。

曲でパワフルなアタック音があると少し破綻します。静かな室内で聴き続けていると繊細さが足りない平板な音で少し飽きます。

元々が私の大好きな音傾向(質の良いドンシャリ)のHD25ですから、それにBluetoothレシーバーが介在しても、HD25の音の傾向と言うか輪郭(?)は温存されるはずというのが今回のふたつめの期待項で、その期待はある程度はかなっていました。

    

ここ最近は外出先では同じゼンハイザー社の Momentum Wireless を愛用しています。本機はゼンハイザー社のBluetooth & NC 機能を備えたヘッドフォンです。

乱暴ではありますが音質を比較するとこんな感じです。

 A:有線使用HD25 > Momentum Wireless

 B:簡易Bluetooth化HD25 < Momentum Wireless

もちろんBは Momentum Wireless のNC機能ゆえのアドバンテージが効いています。

とは言え、ノイズキャンセリング機能が無くても音傾向を考えればこっち(簡易Bluetooth化HD25)もうれしいかも。軽いのも美点です。インシュロックを黒色に換えて、そのまま外出時にも使ってしまいそうです。

  

今後も改善した試作機の続報をしてまいります。

  

追記1:

ヘッドフォンケーブルの改造は手順自体は簡単ですが、実際の作業となるとマトモなハンダゴテと良い糸ハンダを持っていない人には厳しいと思います。ご注意。

  

追記2:

インシュロックを黒色にしてみました。だいぶ見た目の「収まり」が良くなりました。

  

f:id:wabysprg:20180818150627j:plain

インシュロック(=タイラップ)を黒色に変更。

  

追記3:

L型のステレオミニプラグに換装しました。

f:id:wabysprg:20180820005742j:plain

L型プラグに換装し完成版となった「HD25・BT改」

  

本機が完成版となるためケーブルの長さも微調整。武骨さは残りますが、さらに「収まり」が改善しました。

f:id:wabysprg:20180820020843j:plain

L型プラグに換装し、完成版に。

  

今日はL型プラグの購入ついでに他社のBluetoothレシーバーも見てきました。ハイレゾ版もちらほら出ていました。今後レシーバーを交換する際にもケーブル系はそのまま使えれば理想的です。

f:id:wabysprg:20180820010406j:plain

Bluetoothレシーバーを裏面から見た様子。

  

HD25のリケーブルについて一度、まとめました:

blog.sprg.jp

  
  

 (以降は Amazon のアフィリエイトリンクになります)