和田哲哉 -LowPowerStation-

文房具ジャーナリスト・ステーショナリープログラム運営 / 和田哲哉のブログです

12月12日、あれこれ(雑記)

私も書いた、今年の masawada アドベントカレンダー の盛り上がりがすごくて大変です。

adventar.org

  
ついに「私も参加したいので id:masawada さんに聞いてもらえないか?」という人まで身近に現れました。…来年は参加費を徴収できるのでは?の勢いです(笑顔)。

来年もお声がかりがあるのかな。でももう私のパソコンにある後頭部写真のネタが尽きたので、もしそうならば来年12月を見据えて新たな後頭部写真を仕込むしかないけれど。

   

 て12月は手帳選びの本格シーズン。全国の文房具店や書店で賑わっている所もあると思います。そのような時期、手帳評論家の館神龍彦さんがまた手帳関連本を執筆されました。「手帳と日本人(NHK出版)」。館神さん、10月末に「最新トレンドから導く手帳テクニック100(エイ出版)」を出されたばかりなのに。

  

f:id:wabysprg:20181213062443j:plain

この冬、館神龍彦さんによる2冊の手帳本が

  「テクニック」についての記事を準備中に「日本人」をご恵送いただき恐縮。(館神さん、もう少し待っていてください。)

  

週の拙宅の買い物系トピックス。テレビとレコーダーを更新しました。私はあまりテレビを観ないため無頓着。古い液晶テレビをずっと使い続けて、レコーダーは親戚からの「お下がり」数機種が稼働していた状況。

新しいテレビはソニー、レコーダーはパナソニックに。パナソニックのレコーダーはとにかくリモコンのレスポンスが早いのが特徴。番組表を見ながらのカーソル操作がテキパキと。娘がよろこんでいると思います。ヨドバシカメラの店員さんのアドバイスに従ってよかったです。

  

日買った iPhoneXR 快調です。もうスマホはブラックベリー1台でもいいかな?と思っていたのですが、最新の、と言うか大画面のiPhone便利。あとはAppleMusicを使っている以上、iPhoneベストなのは仕方がないかなと。

でも、ニュースによるとiPhoneXRは不人気の様子。登場直後は多くのiPhoneに好意的なレビュアーが「XR本命かも」みたいな記事を書いていたのに。

サイズと価格とシングルカメラ、これら3つの仕様バランスが悪かった、あるいはシングルカメラでも平気(どうにかなる)ことをちゃんと示していないのが敗因と私としては感じました。おそらくiPhone過去最大の広角は私にとって有り難いのですが。シングルカメラなりにワンタッチで1段か2段、ささっとクロップ(画面の一部切り取り撮影)できるインターフェイス(いわゆるステップズーム)を装備したらどうかしら。XRについてはいつかまた。

  

 (以降はAmazonのアフィリエイトリンクです)

手帳と日本人―私たちはいつから予定を管理してきたか (NHK出版新書 570)

手帳と日本人―私たちはいつから予定を管理してきたか (NHK出版新書 570)