和田哲哉 -LowPowerStation-

文房具ジャーナリスト・ステーショナリープログラム運営 / 和田哲哉のブログです

雑記・1月9日

まだまだ新色シンクエアロ関連のお客様対応でバタバタしています。なので今回も雑記モードにて…。

  

ビングルームに鎮座しているコーヒーの木に結構な数の赤い実、つまりコーヒー豆が付いていることは以前にお伝え済みです。他のサイトを読み、春頃まで様子を見ようかと思っていましたが、木にも実にも元気が無くなってきたため急きょ「収穫」しました。大きな実で40粒位ありました。コーヒー1杯分にはちょっと足りない数ですが焙煎する価値ありそうです。とりあえずキレイな水に浸けました。明日、果肉を取り除いてみたいと思います。

  

こ最近、ウチのクルマの調子がいまいち。どうも動きが鈍い。しばらく悩んだ結果、「これって座席が後ろに下がり過ぎなのでは?」と思い、少しだけ前に移動。そうしたら加速は良くなるしステアリングホイールも近くなってキビキビと運転できるように。足がスロットルペダルに、手はステアリングホイールに届いていなかっただけだったみたいです。ついでにお尻の位置も車体挙動の良いポイントに位置できたみたいで、クルマの動きが判りやすくなりました。びっくり。

  

頼文具舗のお客様に「BlackBerry Key2の購入を悩んでいる」という方がおられました。さっそく私のKey2のことを20行ほど書いてご返信。そうしましたら間もなくに「ポチッとしてしまいました」のお返事が。ちなみにお知らせしたのはこんな文章です(一部手直しあり):

  

===

冷静に考えると「今どきの並のAndroid OS機にキーボードが付いているだけ」と言えなくもありませんが、Android OSもだいぶ良くなりましたし、SIMフリー機なので(docomo機のような)余計なプリインストールのアプリも無く、電池の持ちも良く、なにより電車に立って乗りながらキーボードが打てるのは快適です。(altキーを少し長押しすればフリック入力モードにもなります)

あとはブラックかシルバーかですが、(DUAL SIMであること以外は)ストレージの違いだけ、つまりパフォーマンスは同じなので、1万円安いシルバーでも心配無いです。ただ、見た目はブラックのほうが格好良かったかなと思いました。

並行輸入で買える4万円台の「KEY2 LE」は、故障したら一発で終わりというリスクが気になりますし、キーボードがスクロールセンサーになっていないとKEY2の操作メリットがだいぶスポイルされますのでせっかく買うなら(買えるなら)、LEではない普通のKey2の日本正規版が良さそうです。

私はビックカメラで買いました。店頭販売では一括購入のみローン対象外製品ですが、ビックのWebショップからの購入ですと、オリコカードの24回無金利ローンで購入が出来ます。午前中に注文してオンラインで審査を受けて、その日の深夜に発送されました。

===

    

私のお返事が決定要因になったかは分かりませんが、お買い物で悩んでいる人の背中を押すのは大好きです。