和田哲哉 -LowPowerStation-

ステーショナリープログラムと信頼文具舗を運営している和田哲哉のブログです。

不思議なイヤホン「 ambie wireless earcuffs 」

不思議なイヤホン「 ambie wireless earcuffs 」の詳報です。娘が「これを買いたい」と言ってきて、一緒にヨドバシカメラで試聴。納得。その場で購入しました。

f:id:wabysprg:20190129235908j:plain

小さい製品なので、まずはパッケージから

ambie株式会社は東京都港区に本社を持つオーディオ製品とデジタルコンテンツを開発する会社。ベンチャーキャピタル「WiL Fund I,L.P.」とソニービデオ&サウンドプロダクツ(株)が株主。…だそうです。

本製品は耳を塞がないイヤホン(ヘッドフォン)で、周囲の音が聞こえつつ音楽も楽しめ、周囲への音漏れも少ないのが特徴です。最初は有線版が出て、このワイヤレス版(つまりBluetooth版)は昨年春頃に登場したみたい。

  

ambie wireless earcuffsはドライバー(スピーカー部)に「ソニーの音響技術を活かした高感度ドライバーユニット」を備え、音を耳元に導く管、多様な硬度のシリコン素材を組み合わせた外観を持ち、本体を耳にはさむ固定方法で音楽を聴くイヤホンになっています。

  

f:id:wabysprg:20190129235402j:plain

ambie wireless earcuffs の外観

充電池や操作部を備えた本体部分は首掛け式を採用しています。柔らかなシリコン素材が全体を覆っていて、首に掛けても違和感はほとんどありません。

  

f:id:wabysprg:20190130000003j:plain

この小さな穴から音が耳元に「注がれる」感じ

ユニット部の豆のような丸い部分にドライバーが収容され、導管を経由してイヤーピース先端の穴から音が出てきます。この穴から出てくる音のみを聴く方式で、骨伝導振動ユニットなどは採用していません。

イヤーピース部分は交換可能で別売り部品も各色出ています。汚れての交換や色違いのイヤーピースをセットして楽しむなどができます。

  

f:id:wabysprg:20190130000139j:plain

ユニット部を耳にはさんで固定

ユニット部を写真のように耳にはさんで固定します。この位置でイヤーピースの先端がちょうど耳穴の近くに到達し、そこに音が注ぎ込まれる感じになります。

音質は「見て想像通りの音」、つまり低音域はほぼ無くて音楽の輪郭をつかさどる中音域と高音域が聴こえてきます。しかし音は明瞭で、音像も想像以上に大きいです。つまりチマチマした感じはありません。周囲の環境音がしっかりと聞けますし、長時間装着していても苦にならないことなどとのトレードオフだとすれば、低音が無いこの音質にも充分納得がゆくものです。

音漏れは本当に少ないです。静かなリビングルームで聴いている本人に耳を近づけてもチャカチャカした音は聴こえませんでした。もちろん騒がしいヨドバシカメラ店内では音漏れを感じることは全くありませんでした。

  

f:id:wabysprg:20190130001115j:plain

使いやすい操作部

使いやすい操作部、製品全体のデザインレベルの高さなど手にしての満足度も高いと思われます。

娘の耳にはぴったりフィットした様子で、さっそく音楽を聴きながらパソコンで学校の課題を延々とやっていました。ただし私の耳は分厚くて大きくて、ユニット部を耳にはさむことから苦労でした。また装着できてもイヤーピースの先端が耳穴から遠く感じ、製品本来の音質で聴けていない気がします。(試聴の際は両ユニットを手で押さえて聴きました)ですので、まずはご自身の耳のカタチに合っているか、お店で試してみることを強くおすすめします。

もうひとつ、カメラ量販店などの店頭試聴では店内のあまりの騒がしさにambie本来の使われ方は再現できないと思います。本品は比較的静かな自宅やオフィスでその場の環境と音楽との溶け合いを感じながら使うものと思われるからです。店頭では装着感や本体の質感を確かめる程度と考えたほうがよいかもしれません。

  

 (以降はAmazonのアフィリエイトです)