和田哲哉 -LowPowerStation-

文房具ジャーナリスト・ステーショナリープログラム運営 / 和田哲哉のブログです

予備を購入・Ringkeのスマートフォンケース

いま使っているスマートフォン( BlackBerry KEY2 と iPhone XR )には、それぞれデザインは違うものの「 Ringke 」という同じブランドのケースを使っています。「Ringke Fusion」というシリーズです。

  

f:id:wabysprg:20190424204831j:plain

Ringke Fusion for BlackBerry KEY2

  

f:id:wabysprg:20190424204959j:plain

Ringke Fusion-X for iPhone XR

  

Ringkeのこれらケースはいずれも、背面は透明度の高いポリカーボネート、周囲はクッション性のあるポリウレタンで出来ています。収容したスマートフォンを出来るだけ隠さず、でも落下時の保護性能は確保したいという相反する要求を2つの素材の組み合わせで上手に解決しています。画面側の保護性能にも積極的で、KEY2用もiPhone XR用も使い勝手の良さをクリアしつつ、巧みに画面を守るシェイプになっています。

2台まったく違う機種なのに同じブランドのケースを同時期に使うとは思ってもみませんでした。しばらく使って気に入ったので、いまと同じケース&同じ色をこのたび「予備用」として購入しました。

  

f:id:wabysprg:20190423050330j:plain

予備用として購入したRingkeのケース

  

いま使っているのと同じケースを将来のために買う人っているのでしょうか。有名ブランドのケースであれば現在使用中の物が傷んでからの買い替えで間に合いそうですが、あまり知られていない銘柄やマイナー機種向けのケースはいつ販売終了になってもおかしくありません。

以前に BlackBerry Passport 用のケースで痛い目に遭っています。とても気に入ったケースがあって、そろそろ新しいものにリフレッシュしたくなって探したところすでに廃番。あっても買うのをためらうほどのプレミアム価格になってしまったのです。

Ringkeは使いやすいのに価格も安いのです。気軽に予備を買えます。問題はリフレッシュする時期をいつにするかです。予備に置き換える前に新機種が欲しくなってしまったりして…。

  

(ご注意:以降はAmazonのアフィリエイトリンクです)