和田哲哉 -LowPowerStation-

文房具ジャーナリスト・ステーショナリープログラム運営 / 和田哲哉のブログです

雑記6月6日 夏日とヌイグルミと炭酸水

奈川県地方。先日まで暖房を入れていたのがいきなりの夏に突入です。Dove Plusで近所に出かけたら日差しにやられそう。暑い日にするマスクもキビシイ。自宅近くを通っている歩行者・自転車専用道の木陰でひとやすみ。

f:id:wabysprg:20200606122303j:plain

歩行者・自転車専用道の木陰

この道は昭和20年代、相模原台地を灌漑(かんがい)する目的で計画された大規模な用水路網のための敷地だったのですが、地域の急速な宅地化によって計画は中止に。用水路や関連施設はほぼ完成していたのにもかかわらず、それらを封印(と言うか放置)し、市民の憩いの場になる緑地化込みの歩行者・自転車専用道路に転用したものです。

f:id:wabysprg:20200606172331j:plain

「相模原緑道緑地」(相模原市南区エリア)

写真の場所は灌漑用水路の中でもおもだった経路のひとつ「東幹線」と言われるものの痕跡です。

この道路や用水路計画については「相模原緑道緑地」で検索するといろいろ出てきます。また、地域開発のデータベースとして有名な「三井住友トラスト不動産・このまちアーカイブス」のページ、あるいは「デイリーポータルZ」の木村岳人さんの記事などをご覧いただくとさらに楽しめるかと思います。

  

***

  

が新しいサイズのフモフモさんを買いました。「フモフモさん」は東京・浅草橋にある「株式会社シナダ」の製品です。このシリーズは発表されたとたんに完売する人気キャラクターなので、ぬいぐるみウォッチャーの私としても気になります。今回のはキーホルダーに付けるような「身長」125mmサイズ。こんなに小さいのに丁寧に作るなと関心してしまいます。

f:id:wabysprg:20200606124045j:plain

フモフモさん「うーも」マスコットタイプ

「うーも(牛)」ばかりですみませんが、本来のスタンダードサイズの「フモフモさん」と並べてみます。

  

f:id:wabysprg:20200606124713j:plain

フモフモさん(うーも)/株式会社シナダ

拙宅、フモフモさんだけでいったい何体あるのやら。60くらい?? そういえば、フモフモさんに寄せた病院もあります→「もふもふ会・ぬいぐるみ病院」 株式会社シナダとは関係無さそうに見えるのですが「グッドデザインアワード2018・ベスト100」を受賞しているって!

   

***

   

いぐるみと言えば、最近サービスエリアで発見した黒猫。イスの背中に当てて腰痛防止になるかな?と期待して買ってきたのですが…。

f:id:wabysprg:20200606125119j:plain

腰痛防止のために買った黒猫

この猫、頭のほうが大きいので、ちょっと離席する間にすぐに床に転がり落ちてしまうのです。部屋に戻ると「殺人現場」のような状態で横たわっていて毎回、毎回、ビックリ。(夜は特に怖い。)

f:id:wabysprg:20200606125220j:plain

毎回「殺人現場」になっていてビックリ

  

ところでこれ、「ねこすけ」という名前です。私が付けた名前ではありません。背中にそう書いてあるのです。(刺繍で!)なんだろう「ねこすけ」って…。

  

f:id:wabysprg:20200606130018j:plain

ねこすけ

   

***

  

しくなった夜にも Dove Plus で出かけました。コンビニで発見したのがこれ。ウィルキンソンの炭酸水に300mlペットボトルが登場していました。いままで300mlのガラスボトルはありましたがペットボトルは初めてかも。持ち歩きにありがたい。炭酸水は水筒に移せないのでリピート買いしそうです。

f:id:wabysprg:20200606144221j:plain

ウィルキンソンの炭酸水(300mlボトル)

   

(ご注意:以降はAmazonのアフィリエイトリンクです)

 残念ながらアマゾンには300mlのペットボトルはありませんでした。そのかわりアマゾン限定で500mlの「ラベル無し」版が。こんなのがあるのですね。

   

  -LowPowerStationについて-