和田哲哉 -LowPowerStation-

ステーショナリープログラムと信頼文具舗を運営している和田哲哉のブログです。

モヤモヤ・ウツノミヤ

お年始は帰省先におりました。

  

滞回避のため深夜2時過ぎに自宅を出発。さすがにこんな時間を走ろうと考える人は少なく、高速道も国道も「貸し切り状態」です。

あと数十分で目的地という午前5時過ぎ。アメリカの田舎道のごとく何も無い国道沿いに黄色い「m」の看板が。

少し口寂しいし単調な運転にも飽きたし、ネタ半分の気持ちもあってドライブスルーにハンドルを切りました。

f:id:wabysprg:20190105112039j:plain

未明のマグドナルドにて

写真は帰路に撮ったものです。実際には店内の灯りはほとんど消され、mの看板が夜明け前の真っ暗な空に掲げられているだけでした。

「本当に営業しているのか?」。だいたいドライブスルーの導入路さえ真っ暗です。

疑いの気持ちを持ちつつ奥へ進むと、ようやくいつものメニューボードと間抜けにこっちを向いているマイクロホンにたどり着きました。

2秒して店員さんからの第一声。「グラコロバーガーはいかがでしょうか?」。

…「そう来たかっ!」と内心思いつつ、ハンバーガー、ポテト、コーヒーをオーダー。

「お時間かかりますが」の返事を受け、受け取り口に車を横づけすると、ガラス越しにひとりの若い女性が忙しそうに作業しています。

外気温1度、周りは工場の多い寂しい場所。ワンオペではないだろうと信じたいけれど、奥で別の人がサポートしている気配が無い。店長は事務仕事だろうか。

繰り返しますが1月2日未明。男女雇用均等うんぬんの世の中とは言え頭が下がります。「ネタ半分」で寄ってしまい、少し申し訳ない気持ちに。

受け取ったフライドポテトは揚げたて。塩加減も良く、本当にこれまで食べたマックのポテトの中で一番美味しかった。

  

2日

がメガネを買いたいというので近くのショッピングモールへ。ついでに自分のジーンズも買うことに。

ジーンズには保守的で、リーバイスなら511だけにしたい。ところでこの世界のことは全く知らないのですが、511と言ってもかなりの種類がありますね。色や生地、ウォッシュドの程度、シルエットの違いはもちろんのこと、値段に幅がありすぎ。店頭価格で¥18,000.のものもあれば¥13,000.のもあるし、特売なら6千円台のときもあります。

f:id:wabysprg:20190105112209j:plain

LEVI'S 511 の謎

生産地もいろいろです。前回のはベトナム製。今回買ったのはアメリカ製と中国製。で、「プレミアム」のタグがついた中国製の方が高かった。

とにかく、いつまで経っても511の「仕組み」が見えてきません。店員さんは忙しそうで聞きづらい。511関連をスッキリさせてくれるサイト、探さなければ。

  

4日

年は正月に宇都宮駅前のヨドバシカメラに立ち寄るのが恒例となっています。たしか昨年は娘のヘッドホンを買ったはず。今年も面白いヘッドホンがあればと向かいました。

年末にツイッターで話題にしたゼンハイザーのIE40 PRO(クリアカラー)がショーケースにあります。早速試聴。イイ感じなので注文…って、在庫切れとのこと。現品はメーカー貸与品とのことで買えませんでした。

IEシリーズの上位機種もインナーイヤーのMOMENTUM WIRELESSも無く、骨伝導式のヘッドホン(メーカー失念)も想像と違っていたもので、今年は珍しく何も買わずに撤退。

  

という、オチ無しの三日間でした。よく寝たけど。

    

 (以降は Amazon のアフィリエイトリンクです)