和田哲哉 -LowPowerStation-

文房具ジャーナリスト・ステーショナリープログラム運営 / 和田哲哉のブログです

雑記・3月9日(目黒区美術館特別展示「鈴木省三の絵画」)

代美術画家、鈴木省三氏の企画展で東京・目黒区美術館へ。

  

・目黒区美術館コレクション展「コレクションの<現在>」
・特集展示 鈴木省三の絵画

  

f:id:wabysprg:20190311032148j:plain

数多くの来場者で埋まる展示室

この日は「小島びじゅつ室(現在休室中)」室長、小島静二先生による講演も行われました。現代美術というジャンルをどのように捉えるか、先生と鈴木省三氏との出会い、鈴木氏作品との向き合いかたなどを丁寧に解説して頂きました。

講演には80名超、補助席が急きょ用意されるほどの満席。皆さん真剣なまなざしでお話を聴き入っていました。

  

f:id:wabysprg:20190311032835j:plain

鈴木省三氏作品を前に解説する小島静二先生

講演のあとは来場者全員が美術館二階の展示室に移動。鈴木省三氏の作品ひとつひとつについて小島先生が「読み解き」をされました。

圧巻は作品「 森 II - 滝 」。超厚手のゴム板に重厚なトーンかつダイナミックな筆致で描き込まれた森。そこに隠された作者の想いを小島先生が様々な角度から掘り下げます。写真の作品は「静かな呼吸 I 」。

展示は小島びじゅつ室のコレクションや鈴木氏ご本人より出品された作品を含め多数。一度に数多くの、しかも珍しい水彩画習作など様々なタッチの鈴木氏作品を観賞できる貴重な機会でした。

  

(特別展示:「鈴木省三の絵画」は3月24日まで開催のようです)

  

 *近日公開*
・ゼンハイザーのヘッドフォン使い分け
・BlackBerry KEY2 キーボード入力について