和田哲哉 -LowPowerStation-

文房具ジャーナリスト・ステーショナリープログラム運営 / 和田哲哉のブログです

雑記・3月14日

回の記事を準備していた時にそれは発覚しました。LEDライトの光がよく見えるようにと、いつもよりも露出を絞っての製品撮影。出来上がった画像データを確認したところ、明度の落ちた背景部分に無数の丸い粒が写り込んでいます。

  

「カメラのセンサーに付着したゴミだぁ!」

f:id:wabysprg:20190315151443j:plain

カメラのセンサーに付着したゴミの影

ひごろ露出を思い切り上げて撮影しているので、長い間で蓄積したセンサーゴミに気がつかなかったのでしょう。うかつでした。

悩む時間なんてありません、その場で清掃です。でも本格的なセンサークリーニングって初めて。掃除好きが幸いして「無水エタノール」は常備しているので、ウェブの情報を確認しながら作業開始。緊張します。

何度かのトライの末、ようやく「粒」がほとんど写らないまでに回復しました。今後はマメに確認しなければと反省。

  

ルマの6ヶ月点検の日でもありました。点検では洗車やカーペットの清掃をしてくれるのは分かっているのですが、汚れたクルマを出すのが忍びなくて、結局事前にキッチリ洗車してしまいました。カーペット類も軽く清掃し、コロコロでゴミや小石もキレイに除去。今回はエアコンのフィルターも交換してもらい気分爽快です。

でも本当はアルミホイールのリムの内側に堆積しているブレーキダストこそ洗浄して欲しい。作業工賃を払えばやってもらえたのかな。また聞くのを忘れてしまった。なにしろ自分では手の届かないところなので。

  

の日は「退役間近のF4ファントム戦闘機の撮影のため百里基地に通っている」という人にもお会いしました。

私が住んでいるこの地域は厚木基地や横田基地、調布飛行場がすぐ近くにあって、大型旅客機とは違う種類の航空機が毎日頭の上を飛んでいます。昔は厚木基地の夜間離着陸訓練で酷い目に遭いましたが、航空機が身近な存在であることは確かです。

F4ファントム。この機体が現役なのは世界でも日本とあとは少しの国だけで、特に日本の航空自衛隊機ほど整備の行き届いた機体は珍しく、海外からも航空ファンが百里基地に来るとのこと。

つい先日には旅客機ファンという女性にもお会いしたばかりで、最近は飛行機づいています。

  

 (ご注意:以降はAmazonのアフィリエイトリンクです)