和田哲哉・LowPowerStation

考えて使う・楽しく使う

Nikon1 V1 にFT1を付けたら自宅上空の航空機を撮れた

   

デスクワークしていると大きなプロペラ音が。「オスプレイだ!」ということで、Nikon1 V1に18-105mmを装着してすぐさま機体にレンズを向けました。

  

あわてて撮ったオスプレイ

これ、かなり遠くを飛んでいます。夕暮れ時だったのでISO感度をもっと上げて撮れば良かった。

とりあえずこれがNikon1 V1で撮った初の航空機写真となりました。

  

拙宅から約6km先に厚木飛行場があり、旅客機以外のさまざまな航空機がやってきます。ほぼ毎日哨戒機P1が超低空で自宅上空を通過しますし、戦闘攻撃機F/A-18などの艦載機もやってきます。ここ数日はオスプレイが頻繁に飛来中。

単なるカメラ的興味で、自宅からこれらを撮ってみたかったのです。

  

***

  

Nikon1 V1 にニコンDX(=APS-C 一眼レフ)用のズームレンズ 18-105mmを装着した様子がこちらです。V1があまりに小さいので相対的にレンズが目立ち、なかなかにアグレッシブなルックスです。

AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR

たしかキットレンズに使われるような安価なレンズなのですが、V1にセットすると105mmが換算284mmになります。f5.6と暗いもののVR(手ブレ補正)を使ってなんとかという感じです。

  

同じレンズをD500とV1、それぞれに装着した様子

  

上の写真はこのレンズを本来のDXシリーズのカメラに装着した時との比較です。一眼レフとミラーレスとの違いはあるにせよ、V1の小ささに改めて感心します。

こういうのを見ますと、小型センサーを使ったコンパクトなNIKON1シリーズが復活して欲しいなと、ちょっと思ったりもします。

  

(ご注意:以降はAmazonのアフィリエイトリンクです)

  

-LowPowerStationについて-