和田哲哉 -LowPowerStation-

文房具ジャーナリスト・ステーショナリープログラム運営 / 和田哲哉のブログです

調べてみた:銀座に七福神は存在するの?

銀座では毎年11月になると地域に複数ある稲荷神社をめぐり歩く「銀座八丁神社巡り」が開催されます。三日間の会期で三千人近くが参加する人気のイベントです。

  

f:id:wabysprg:20180614001130j:plain

銀座四丁目にある「宝童稲荷神社」

  

私はこの銀座八丁神社巡りの期間中に合わせて催事出店することがあって、多少なりとも地域の事情を見聞きしているのですが、最近気になることがありました。

  

日本テレビの「ZIP」という番組でタレントさん達が「銀座の七福神」をお参りするという企画が放映されていたのです。

銀座にはさきほどの「銀座八丁神社巡り」のとおり、十箇所以上の稲荷神社があります。番組では「銀座七福神巡り」と称して銀座のいくつかのお稲荷さんに「朝日稲荷→弁財天様」、「宝童稲荷→布袋様」などが宿っているとテロップ入りで説明がされていました。

  

しかし私は、銀座のお稲荷さんに七福神などという由緒(ゆいしょ)を聞いた憶えがありません。

ひとまずウェブでササッと検索してみました。すると、たしかに銀座七福神というキーワードでお人形や御朱印スタンプなどの画像が出てきます。でもさらに調べてみますと…。

  

f:id:wabysprg:20180613053351j:plain

宝童稲荷さんの由緒が書かれたプレート

  
以前にこの地域で行われていた「大銀座祭り」に関するページが見つかりました。そこでの「イベントのひとつ」としてウォークラリーが企画され、当時のイベント運営者がいくつかのお稲荷さんに七福神の名を「あてがい」、歩いてまわった人たちに御朱印風の紙片を配布したり、七福神のお人形を販売していたようなのです。

このウォークラリーは何度か開催されましたが、開催年ごとにお稲荷さんと七福神との対応の組み合わせが変化していたらしく、そのことからも「銀座七福神」が地域の由緒には基づいていなかったことが見て取れます。

大銀座祭りは2000年に終了となり、「七福神イベント」も無くなりました。

  

ここからは地元の方々に聞いたお話です。2000年以降、どこかの団体?が銀座のお稲荷さんに七福神が宿っているかのような勝手な広報活動をしたり、七福神ツアーを企画したり、お稲荷さんに七福神の絵入りのシールを貼ったり(→迷惑行為)ということが続いたようです。また以前には読売新聞が銀座のお稲荷さんに七福神の由緒が有るとする記事を書いた事もあったそうです。

こうした迷惑行為や誤報について、銀座エリアの町会・商店会をとりまとめている最大組織「全銀座会・銀座通連合会」がその都度抗議や否定の申し入れをしてきたとのことでした。(全銀座会はウェブサイト「GINZA OFFICIAL」を運営しています)

  

f:id:wabysprg:20180613053630j:plain

宝童稲荷神社に奉納された幟(のぼり)

  

きっかけはどうであれ、お参り自体は信心としてはもちろんのこと、お稲荷さんの繁栄や地域の活性化になるのですから良いことと思います。でも元々由緒が無かったものに勝手に名付けをしたり、それをメディアが誤報するのは望ましいことではありません。

どなたが画策しているのか、いまも「銀座七福神」や「銀座七福神巡り」で検索すると、あたかも由緒があるように、あるいは事実を巧みにすり替えて説明をかぶせてくるもっともらしいウェブページがいくつも新しく出てきますので、「気をつけたい」としか言いようがありません。

  

(以降はAmazonのアフィリエイトリンクです) 

神社巡りと言えば、いま確実にブームになっているのが御朱印と御朱印帳です。特に私はノート系が専門なので、いま販売されている御朱印帳は気になります。価格は1,500円から2,500円位が中心になっている様子。せっせと神社をまわる人にとっては御朱印帳はあっというまに使ってしまうので、日記帳よりも「回転率」は高そうです。メーカーはどこが人気なのか?、仕様は?など、しばらくwatchしてゆきたいと思います。

くろちく 御朱印帳 花筐 特大 椿 薄茶 71501501

くろちく 御朱印帳 花筐 特大 椿 薄茶 71501501

 

   

・ -LowPowerStationについて-