和田哲哉 -LowPowerStation-

文房具ジャーナリスト・ステーショナリープログラム運営 / 和田哲哉のブログです

雑記 7月16日(芝生の刈り込み鋏)

雨がなかなか明けません。日照が少ないので涼しいかと言うとそうでもなくて、この湿度にやられてしまいます。

先日入手したハンディー扇風機「 BLUEFEEL PRO 」は出来るだけ持ち歩くようにしています。活躍する場面がけっこうあるので「ここでも使えるぞ!」の事例を増やしています。

喫茶店でも店内が騒がしい(→賑やか、と表現したほうが適切かな)ところであれば BLUEFEEL PRO の少し高めの騒音でも周囲に迷惑を掛けることはありません。この季節ですのでエアコンが効いてはいますが、屋外から店内に入った直後は身体に熱気がありますのでハンディー扇風機が活躍する場面です。

  

f:id:wabysprg:20190717063851j:plain

ドトールで BLUEFEEL PRO を使ってみた

写真のとおりテーブルの真ん中に置いて普通に使います。あまりに小さいので、周囲からはその存在すら気づかれず、まったく問題無しです。3分ほど回して、あとはスイッチオフ。これなら扇子と同じ感覚で使えます。

  

トールを出て散歩を再開。地元の神社とお稲荷さんにお参りを。そして今日の散歩の目的。これもまた地元に昔からある刃物屋さんへ。庭の芝を刈る「刈り込み鋏(はさみ)」を見るためです。

いまは芝生の大半は手押し式の電動芝刈機でザッと刈ることができますが、庭の端の部分には大型芝刈機の刃は届かないのでハンディータイプの芝刈機や鋏を使っての作業となります。

今年の初めにホームセンターで刈り込み鋏を買ったものの刃の出来が悪くてキレイに刈ることが出来ず、難儀していました。決して安い物ではないのにホームセンターの製品チョイスが悪かったのだと思います。

「道具がダメ」ってやっぱり悲しいです。ここは良い鋏で作業のモチベーションを上げたい。そう願いつつ刃物屋さんへ。

  

いかにも昔からのお店という風情の大きなガラスの引き戸をガラガラっと開けますと、奥の居間でくつろいでいた様子のご夫人がゆっくり出てきます。むかし訪ねた時に対応してくれた頑固そうなご主人はもう居られないのかな?と思いつつ用件を伝えてみます。

するとご夫人もしっかりとお詳しい。刈り込み鋏の種類や一般用と植木職人用の鋏の違いなどを的確に教えてくださいました。芝生の仕上げ用と説明したところ、3つの鋏が出てきました。それぞれ見た目や素材など違いがありますが簡単に言えば「安い・まんなか・高い」の3種類です。なんか池から女神が出てきて「貴方が落としたのはどの斧?」と問われている気分(笑)。

細かい用途の違う3種類が出てくるのではなく、シンプルな刃物製品です。高いのが一番良いに決まっています。でもさすがに「高い」のは本当に高いので、最後のあがきで3本(3丁)を順番に手に取って刃の当たり具合を試してみることにしました。

サリッ → サキッ → シャキーン!

私:「高いのにします。」

  

f:id:wabysprg:20190717074753j:plain

芝生の刈り込み鋏

ホームセンターで買ったヤツの3倍の値段でしたが、絶対使い易いに決まっています。あと、これならば刃がナマっても研ぎが出来るとのこと。研ぎの値段は千円台。

大きな鋏を抱えてニコニコと怪しい人になりながら帰宅。霧雨のなか早速に試してみました。シャキシャキシャキ…まるでカイワレ大根でも切っているかのごとく気持ちよく芝生が切れてゆきます。あっという間に2メートル刈り込んでいました。しかもホームセンターで買った鋏の3倍以上早い。「価格の差、そのままじゃん!」って心の中で叫んでしまいました。

使用後はちゃんと刃を乾燥させて注油もして。晴れの日が楽しみ。

  

と、Ringke のストラップにショートバージョンが出ていることに気付きました。このストラップ。とにかく色味がキレイで気に入っています。BlackBerryにも、さきほどの BLUEFEEL PRO にも取り付けています。

ただスマートフォンにはロングタイプのストラップは少し持て余していたので、早速にショートバージョンに換えてみました。

  

f:id:wabysprg:20190717064105j:plain

Ringke のストラップ、ショートタイプに換装

写真のとおり小さいストラップなので腕は通りません。中指に通して使う感じです。長さが丁度良く、中指ホールドでも問題無さそう。しばらくこれで様子を見ることに。

  

f:id:wabysprg:20190717064138j:plain

同じく Ringke のストラップを iPhone にも

いままで付けていなかったiPhoneにもセットしました。写真の BlackBerry KEY2用ケースも iPhone XR 用ケースも、ストラップと同じ Ringke 製です。

  

(ご注意:以降はAmazonのアフィリエイトリンクです)