読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和田哲哉 -LowPowerStation-

ステーショナリープログラムと信頼文具舗を運営している和田哲哉のブログです。

iPhone7のヘッドホンジャック廃止は失敗だったかもしれない

Appleとか オーディオアクセサリ スマートフォン 電子ガジェット

・・・という内容の記事をどこかでみかけました。それを見て最初の頃は「本当にそうかな?」と思ったのですが、いまや自分が手元のiPhone6sを7にしたくない最大の理由が、このヘッドホンジャックの廃止になっていることに気づきました。  

  

f:id:wabysprg:20160924133827j:plain

  

iPhone7からヘッドホンジャックが無くなる噂を事前に聞いて、iPhone7が登場する4ヶ月前の時点でそこそこハイエンドなBluetoothヘッドホンも買い、心の準備は出来ていたのです。けれども最近の生活を振り返りますと、昼間の移動中はBluetoothヘッドホンを使っていたとしても、自宅では有線のヘッドホンをつなぎiPhoneなりに音質に重きを置いて聴いている自分が居たのです。  

  

目隠しをして、Bluetooth版と有線のヘッドホンを区別出来るかと言われると自信は無いのですが、音質の良くないヘッドホンって聴き始めてしばらくすると音楽に没入できなくなるものであることが長年の経験上分かっています。雑音が多い屋外はともかく、静かな自宅ではやはりBluetoothのヘッドホンは有線のそれには敵わないものです。  

   

ヘッドホンジャックを無くした代わりにAppleが用意したライトニング端子経由のアダプタはどうやら音質が悪いらしい。この情報を聴いて腰が引けています。さらにデジタルの切り口なので当たり前かもしれませんがBluetooth経由ですとiPhone6sと7との音質差はほとんど無いとのレポートも見かけました。あと2ヶ月ほどでdocomoの機種交換優遇の対象になるものの、iPhone6sを12ヶ月で積極的に手放す動機付けは今のところ無いという状況になっています。  

  

追伸:

落ち着いて考えたら、わたし「Square(カード決済システム)」を使っていました。Squareのカード読み取りアダプタはヘッドホンジャックに挿して使います。そもそもiPhone7にしてはいけないのでした。  

  

 

 

 

iPhone7に印刷された「総務省指定」の5文字について

Appleとか 雑記 電子ガジェット スマートフォン

(Facebookに書いた2件分のエントリーを統合・修正し、こちらに載せました。)

 

青天の霹靂(へきれき)とはこういう時に使うのでしょうか。先日発表されたiPhone7の背面に「総務省指定」という無粋な文字が印刷されていました。  

  

クルマのウィンドシールドに貼られている、あのブザマだった車検ラベルでさえ小さく・目立たなくなってくれた昨今ですのに、この印字は無いだろうと思います。たとえ多くの人達がiPhoneケースに入れて使うとしても。メーカーがボディの工作に心血を注ぎ、ジェットブラックの仕上げにこだわった、そのド真ん中に「総務省指定」。いったいなんのギャグでしょう。だって「デザインの神は細部に宿る」って言うじゃないですか。本件について「僕は気にならない」とわざわざSNSで宣言しているみなさん、クルマのエンジンフード(=ボンネット)のど真ん中に「国土交通省指定」って書かれているようなものですヨ、これ。  

  

===  

  

・・・iPhone7の「総務省指定」の続きです。「漢字嫌いのこじらせおじさん」と思われてしまうと不本意なので。  

 
今回の「総務省指定」についてウェブを見てまわりますと、「気になる」・「気にならない」・「エヴァやシン.ゴジラ等の流れでこれも良し」・「海外から見れば漢字はクール」・「いっそのこと漢字の書体や文言をカッコいいものに変えたら?」など、結局は何かの課題に対してSNSで起りがちな「大喜利状態」に陥ってしまっています。システム上の様々な制約から発言者の論拠が見えづらいSNSゆえ、仕方のないことかもしれません。  
 
私としては
1.デザイン上の障害となる雑音的な要素は排除されるべき  
2.デザインについては少しでも気を許してはいけない  
以上ふたつの論拠から先般のエントリーを書きました。  
   
(ここで言うデザインとは機能とスタイルの総体を指します。)  
   
1.Appleは莫大な予算・期間・人材・技術を投入して製品開発を行い、それらすべての成果がiPhone7というプロダクトに「表現」されました。手のひらに乗る、この整った製品(氷山)の水面下には途方もない大きさの氷塊(苦労・苦心)が隠れているはずなわけで、iPhoneがデザインされるとはそういうことなのです。(※もちろんこれは他のメーカーのスマートフォンにも全く同様のことです。)ワールドワイドに展開されるiPhoneが、日本への現地適合作業において、くだんの総務省指定を刷り込まされた違和感。途方もないサイズの氷塊が支えている水面上の美しき一点をこの漢字5文字が台無しにしたという印象でしかありません。水面下の氷塊を思えば5文字がいかにデザイン上の雑音であるかを分かっていただけると思います。結果、iPhoneには雑音ですし、総務省にとっては少なくはないマイナスイメージ。双方が損をするようなこの印刷を誰が推進し「得」だと感じているのか想像がつきません。また、技適(技術基準適合認定)についてはiPhone内の「設定→一般→情報→法律に基づく情報→認証」をタップすれば画面に明確に表示されるようになっているのに、なぜ総務省指定を本体に刷らなければならないのか、現状では理解しづらいものがあります。  
   
2.SNS上で意見を述べる人達には優しい人が多い。芸能人がバッシングされていれば、救いの手を差し出す人がいる。事件が起きれば冤罪を疑う人がいる。これらは良いでしょう。「おれは心が広いから大丈夫」それも悪いことではありません。しかし、こと製品デザインに関しては、生半可なあいまいさ・優しさ・譲歩を介入させてはいけないと思うのです。小さな譲歩や気の緩みが原因で全体の均整を破綻させてしまうことがあるからです。一度でも「それぐらい許してやれよ」を受け入れてしまうと、収拾が付かなくなってしまうものです。また、前例等によってすでにデザイン上の雑音的要素が混入しているのであれば、積極的にそれを排除する方向に持ってゆく心がけも必要です。そうした緊張感を持って取り組むべきな製品デザインについて語っているところに「細かいこと言うな」といった揶揄(からかい)やお門違いの提案はするべきではないと思います。  
  
  
以上、読み返しますと厳しい物言いですが、こういった下地を明示しておかないと大喜利のネタのひとつとして埋没させられてしまうのがSNSの怖いところです。  
  
===  
  
補足します。私は大昔はApple製品のファンを自認していましたが、ここ十数年ほどはむしろ懐疑的な目で見ています。ですのでアップルファンとしてのバイアスは掛かっていない意見です。  
   
もうひとつ。「総務省指定」が印刷されるまでに何か感動のエピソードが有るのでしたら、受け入れることが出来るかもしれません。今のところそのような気配は感じられませんが。  
  
あとひとつ。「総務省指定」の手前にある「Designd by Apple in California Assembled in China」の一文はどうなんだい?と聞かれたら、それにも違和感があると言っておきます。(>_<)  
  

「電波が見えるアプリ」買いました。…が。

雑記 電子ガジェット

ウェブサイトを見て回っていたら「スマホの電波やWi-Fiの電波が見えるアプリ」っていうのを発見しまして、つねづね「こういうものがあったらなぁ」と考えていた私は反射的にダウンロードしてしまいました。  

   

f:id:wabysprg:20160912150225p:image

ご覧ください。iPhoneを目の前にかざすと、VRよろしく基地局の情報や空間中の電波の拡散が「リアルタイムに」見えるではありませんか!  

  

・・・いやいやいや、そんなはずはありません。iPhoneに電波を方角込みで検知する機能なんて無いですから。これは公開されている4G/3G基地局やWi-Fi設備の情報を元に、あたかも電波が拡散しているかのごとく視覚化させているシュミレーション・アプリだったのです。  

   

当然、自宅に設置したWi-Fiルータなんか画面には出てきません。しかも昨年の冬に話題になっていたアプリとか。冷静さを失って情弱モード全開です。凹む。  

  

www.youtube.com

  

まあでも、「docomoの基地局まで750メートル」とか表示されたり、iPhoneを天空にかざせばGPS衛星の情報とかも出てきて、それなりに面白いものではあります。10分楽しむのに¥360.を払ったという感じです。  

  

Architecture of Radio

Architecture of Radio

  • Richard Vijgen
  • 教育
  • ¥360

  

 

iPhoneからヘッドホン端子が無くなった

雑記 オーディオアクセサリ 電子ガジェット Appleとか スマートフォン

いよいよ、iPhone7からヘッドホン端子が無くなりました。(自分が買うのは年明けかな。)

  

いちおう端子が無くなることを予想して数ヶ月前に、そこそこハイエンドなBluetooth ヘッドホンを買い、耳と心の準備はしておきました。

  

うん、それほど音は悪くない。使うのは雑音の多い電車内や街なかです。ヘッドホンコードのない快適さも理解できました。

 

けれども、久しぶりに有線のヘッドホンをつなぎ音の緻密さを確認してしまいますと、アダプターを介さずにこのヘッドホンが使えないと思いますと、なんだか残念ではあります。

  

そうだ、ヘッドホン端子付きのiPhoneケースが出たら良いのでは? Lightning端子から音声信号を引き出してもらって。BelkinかSpigenあたりから出ますように!

  

ドローンやポケモンGoがかわいそう

雑記

良くも悪くもSNSの時代、でしょうか。  

  

ドローンやポケモンGoなどで一部のユーザーのマナーが悪いと、短期間のうちに批判が集中し、あっというまに使える場所が狭められ、新しい仕組みがサッサとどこかに追いやられています。  

  

思えば私の世代には昔、これらに匹敵する「大きな変革」がありました。ソニーの「ウォークマン」の登場です。  

  

当時は青やオレンジのスポンジ(音漏れの激しいオープンエアタイプのヘッドフォン)を付けた人達が街や電車内に一気に溢れました。  

  

これらの人々の一部は、耳からチャカチャカと音を立てたり時々ヘッドフォンを付けていることを忘れ大声で喋ったりします。音楽に興味の無い人にとって、この突然の変化は不気味に映ったことでしょう。私もヘッドホンをしているというだけで意味もなく電車内で絡まれたことがあります。  

  

現代になりウォークマンはスマホやiPhoneに変わりましたが、ヘッドフォンで音楽を聴く人はあまり減ってはいないはず。でも電車内でチャカチャカ音を立てたり大声を出す人はほとんど居ません。時が経ちヘッドホンも人々の使い方も「進化」したのです。  

  

社会は革新的な製品や新しいシステムを急には受けとめることはできません。そのすり合わせをするために、とても多くの時間を必要とするのです。  

  

しかし現代のSNSは、そういった「時が解決してくれる」ことを待ってはくれません。国や自治体、各レベルのコミュニティは自分たちが責任を負いたくないという理由からなのか、SNSや住民などからの一部の動きに過敏に反応して、しばしば「制限」という安易な方策で解決を図ろうとします。

  

こうした傾向に打ち勝つのに、誰がどのようにしたら良いのか、これもまたSNSの力に期待するのが、次なる革新が出てくる前により高いレベルでのディスカッションの機会が生まれて欲しいと願うところです。

  

 

更新情報(2016.08.25)

雑記

いつもLPSをご覧いただきありがとうございます。

しばらく更新がストップしていて申し訳ございません。

 

本日は私の基幹サイト「ステーショナリープログラム」を久しぶりに更新しました。お時間ございましたら、お立ち寄りください。

 

前向き↑文房具:ペンシースで手帳選びを自由に | StationeryProgram

 

 

ゼンハイザーHD25SP II、ケーブルを再度換装(リケーブル)しました。

オーディオアクセサリ もの

今年2月に購入したゼンハイザーのヘッドフォン「HD25SP II」(ただし娘用)のヘッドフォンケーブルを再度付け替えしました。

 

・ふたつのHD25
・オヤイデ電気 HPC-26T V2で自作
・音質はSP IIにぴったり

 

前回の記事を読み返したところ、あまりに難解だったので、今回は少し解説を交えながら書いてみます。

 

・ふたつのHD25

私は「ゼンハイザー HD25-1 II」というヘッドフォンをずっと愛用しています。たぶん12年くらい。途中、一度壊してしまい現在2代目です。ゼンハイザーはドイツの音響機器メーカー。ヘッドフォンやプロ用のマイクロフォンなどで有名です。

f:id:wabysprg:20160809222951j:plain
SENNHEISER HD25-1 II(黄色のケーブルはオヤイデHPC-HD25)

 

この「HD25-1 II」はゼンハイザー社が「DJ向け」を明確に謳っている製品で、実際に海外のDJシーンでこのヘッドフォンが使われているのをよく見かけます。音質は、弾むような低音と聴こえ過ぎるほどの高音のいわゆる「ドンシャリ傾向」の代表のような設定ですが、ロック系の曲を元気に鳴らすことが出来ます。個人的にはYMOのライブ盤がパーフェクトに聴けるという素晴らしい機種です。他方、ちょうど私が初代を購入した頃からアマゾン等のレビュー数が急速に増えていて本製品の人気の高さを知ることができます。

面白いのはユーザーの手によってドライバ(スピーカー)・ヘッドバンド・ヘッドフォンケーブルを簡単に分解でき、また各パーツを個人でも比較的容易に入手可能な点です。特にヘッドフォンケーブルを別製に換装する「リケーブル」が盛んで、数多くのHD25シリーズ向けカスタムケーブルが取り引きされています。日本では秋葉原のオヤイデ電気がHD25用ケーブルの代表的な供給元になっています。(→有り難い!)

 

HD25シリーズのヘッドフォンはドライバやヘッドバンド・ケーブル・コネクタ等の違いによっていくつかのバリエーションがあります。並行輸入品を含めると現時点で7種類ほどありそうです。

娘が使っているのは「HD25SP II」というモデルです。これは私の機種よりもヘッドバンドの仕様が簡略化され、またドライバのグレードに違いがあります。具体的には、低音域はさらに強調、反対に高音域はカットされているのかと思うくらいに抑えられています。

 

f:id:wabysprg:20160809224338j:plain
SENNHEISER HD25SP II

 

前回の記事のとおり、HD25SP IIに標準装備のケーブルは3メートルと長すぎるので、一度はオヤイデのHPC35-HDXにリケーブルしました。

 

f:id:wabysprg:20160810005221j:plain
オヤイデ電気 HPC35-HDX

 

ところがこのケーブルは、ヘッドフォン側のコネクタが左右ともに黒色。さっそく「右側の赤い部品が見た目のアクセントになっていたのに!」という娘からの指摘が。また、HPC35-HDXがそもそもゼンハイザーの高級ヘッドフォン:HD650向けのもので、野太いケーブルで作られているため、屋外に持ち出すにはちょっとヘビー過ぎる嫌いもあり、今回再度のリケーブルとなりました。

 

ここで「標準ケーブルを短くカットすればいいじゃない?」というお声が出てくるかと思います。私もトライしたのですが、標準ケーブルの芯線はとても複雑な編み込みになっていて、手作業でほぐしての再構築はとても出来なかったのです。いくらメーカーとは言え、ゼンハイザー社はこの細かい網線でどうやって作ったのだろうかと不思議なくらいでした。

 

オヤイデ電気 HPC-26T V2で自作

さて、私のHD25-1 IIと娘のHD25SP IIとでは、似ているように見えてケーブルの引き出し方に違いがあります。前者はケーブル片出し式、後者は各ドライバから直接ケーブルが下がっています。それに従いケーブルの作りにも違いがあります。HD25-1 IIは流通量が多いので換装ケーブルをいくつかの中から選べますが、残念ながら流通量の少ないHD25SP IIにすぐ装着出来る換装ケーブルは少ないのです。

このため今回はやむなく、ケーブルとコネクタをバラで購入し、自作することになりました。各部品は秋葉原にあるオヤイデ電気さんのショップですぐに入手できました。ケーブルはオヤイデ・オリジナルの「HPC-26T V2」。ステレオミニプラグはアンフェノールのちょっとカッコいいものを。ヘッドフォン側のコネクタは「黒・赤」でなければならないのでカルダスという銘柄に。

f:id:wabysprg:20160809231559j:plain
今回自作となったHD25SP II用ケーブル

 

自作…と言いながら作業はウチの会長にお願いしました。ステレオミニプラグ側はそこそこの難易度。ヘッドフォン側は素材が熱に弱く、ハンダ付けは困難だったとのことです。素材を溶かさずに確実な結線が出来るよう、ウチ(和田電機)の温度可変式ハンダゴテを使い、コテ先温度も専用の温度計で確認しながらの作業となりました。

オヤイデさんでは、ヘッドフォン側コネクタの結線後は熱収縮チューブを使ってハンダ付け部分をカバーすることを推奨していますが、今回はこの部分を信越シリコーンのKE45-Tでシールしました。こうすることで赤いコネクタを少しも覆うことなく仕上げることが可能になります。

 

f:id:wabysprg:20160811133826j:plain

 

・音質はSP IIにぴったり

さっそく完成品をHD25SP IIに接続して試聴。これまで使用していたケーブル:HPC35-HDXは(ケーブルの素材と太さから)上級モデルで、ステディな低音とHD25SP IIの欠点を少し補う高音の仕上がりを実現し満足のゆくものでした。今回のケーブル:HPC-26T V2は細いケーブルになるわけですが、そのことで劣ったという印象はほとんど無くて、低音のステディさと残念さを感じない適度な高音の再現性が保たれています。曲によってはむしろ自分のHD25-1 IIよりも好ましいものが多く、「追い込んだ際に高音が聴こえていない」というHD25SP IIが元来抱えているウィークポイントを考えなければ、かなりイケる感じです。少なくとも娘が聴く分には大丈夫でしょう。

 

最後に、外したHPC35-HDXを私のHD25-1 IIに接続してみました。前述のとおりHD25-1 IIはケーブルが片出し式なのですが、ドライバを上下反対にしてヘッドバンドに差し込むとHD25SP IIのような両出し式ヘッドフォンに早変わり。HPC35-HDXも装着できるのです。

f:id:wabysprg:20160810001846j:plain
HPC35-HDXに換装したHD25-1 II

 

さて音質は…。んん、、もともと出過ぎの高音がさらに伸びて、でも雑味は無くクリアではあるけれども全体として音の平板さを生んでしまっている気が。いままで聴こえなかったエフェクトの細部は見えてくるようですが、感激度は薄い、かな。それとケーブルが硬すぎてケーブルの遠端に触れただけでも耳に接触音が伝わってしまうのも屋外の使用にはキビシイ感じでした。

 

今回はHPC35-HDXを外し、元のケーブルに戻しました。という「元のケーブル」も秋葉原のオヤイデ電気さんで今年1月頃に限定販売していた「HPC-HD25 V2」でした。クリアさはHPC35-HDXにかなわないと思うのですが、バランスの良さがあり、HD25-1 IIにはしばらくこちらを使って行こうと思います。

 

これがHD25-1 IIの後継らしい

HD25SP IIは名称変更したらしい