読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和田哲哉 -LowPowerStation-

ステーショナリープログラムと信頼文具舗を運営している和田哲哉のブログです。

「道具」って言葉、難しいよね!

雑記 気になる もの

けさ、とあるニュースサイトにこんな一文が。  

  

~ クルマを道具として考えている人なら1600ccで十分ながら、趣味の対象として購入しようと思っているなら20万円高くても2000ccを選んだらいい、 ~  

  

この文章では、お金を掛ける場面において「 道具 < 趣味 」という位置づけになっていると読み取ることができます。分からなくもありませんが、自分の場合「道具」ってとても特別で、道具にこそお金を掛けたいと考えるほうなのです。あえて道具と趣味を比較するのであれば、私の場合は「 道具 = 趣味 」でしょうか。  

  

道具という言葉を「業務を遂行するうえで使用する用具・用品」と定義づけるとしたら、道具の良し悪しがそのまま仕事の成果に直結するわけで、私ならば、なんとしてでも良い道具を備えておきたいし、ときに高価なものであっても気にしません。このため私のサイトやブログ等の中でも「ここはお金を掛けたい」という例えとして「道具」の表現を充ててしまうことが多々あります。

しかし、世の中の多くの人において道具の認識ってけっこう違うのだと、ショックを受けることが何度かありました。辞書には「生活の便のために用いる器具の総称」との記述もあります。それは「目的の用事をこなせれば充分」の意味だと言えなくもありません。

  

私にとっての「道具」:

・仕事をベストに遂行するための用具・用品

・仕事の結果に影響を与えるのなら高額なものでも構わない

・モチベーションのため敢えて高額の物を選ぶ時もある

・良い道具は往々にして美しい

  

私の認識とは対極の「道具」:

・日常生活のための用具・用品

・とりあえず用を足せればよい、必要最小限のもの

・できるだけ安いほうがよい

・見かけなど気にしない  

  

あえて極端な2例を示しましたが、どちらも間違えではないでしょう。つまり「道具」は、人によってまったく違う意味合いに取られてしまう、危険性の高いキーワードであることが分かります。

  

ウチは物を作る会社でしたので、会長(父)に連れられてハンダゴテやニッパーやピンセットの調達に(当時は電子機器の製作に使う工具のお店が大量に出店していた)秋葉原に向かうと、それはそれは真剣勝負の様相で、子供の頃の私の印象として神聖な儀式のようでした。こんな背景があるものですから「道具」への気持ちが高まってしまうのも仕方の無いことなのです。・・・だからと言って、相手の人に「きみは私の道具だ!」って口説いたら、殺されますがね。  

   

 

「トオン」へのご来訪、ありがとうございました。

イベント

昨日は「ノンアルコールバー・トオン」の「万年筆修理相談会」&「文房具よろず相談会」にお越しくださりありがとうございました。  

トオンは有料(今回は1時間で¥1,000.)+予約制ですが、多くのお客様にご来訪を頂きました。お話しをされたいかた、ご相談をお望みのかたが少なくないことを実感しました。

「トオン」は今後もテーマとマスターを変えて近日のオープンを予定しているそうです。こちらもご期待ください。

 

ぺんてる「オレンズネロ」のレビューを公開しました

文房具

久しぶりに私の基幹サイト「ステーショナリープログラム」を更新しました。しかも十年振り?の「SPRG Review」です。製品はぺんてる(株)の「オレンズネロ」。0.2mm版のほうです。  

  

f:id:wabysprg:20170223050519j:plain

  

→ ステーショナリープログラムの記事へ

  

  

トオンのイベント情報をアップしました

イベント 文房具

本日さきほど、2月23日に開催のイベントについて、私の個人サイト「ステーショナリープログラム」にて正式な情報をアップしました。  

  

→ ステーショナリープログラム  

  

よろしくお願いします。

 

 

新製品との出会い、ちょっと残念。

文房具 雑記 電子ガジェット

昔は新製品をお店で初めて「発見」して「うわっ!こんな物がっ!」っていう驚きと感激を体験できたけど、今はイヤでも先にWebで知っちゃうので、ちょっと残念。

より早く新製品に出会いたくて、ここなら!というお店を都内で探し何軒か開拓して、月に1回とか2回、電車に乗ってそのお店まで出向いていた子供の頃が懐かしい。

・・・でもメーカーにとってみれば、昔ならば流通に一生懸命営業して、流通経由で小売店に置いてもらって、お客の反応を長時間待って、その結果をまた流通経由で収集して、そうこうしているうちに本当に使いたい人達にたどり着く前に息絶えて(=時間に負けて)廃番になってしまった製品も少なからずあったと思います。

いまは情報経路の多様化でメーカーでも一般向けの発表会を気軽に開けるし、新製品の話題はメディアやブログを経由して一気に広まって、市場からのレスポンスも早いはずです。

なので実際には、メーカーから流通・小売り、そしてユーザーにも幸せなことです。 残念の前に「ちょっと」を付けたのは、そういう理由。「基本幸せ、でもちょっと残念」

講座「文房具の楽しみ方入門」を開きました。

イベント 文房具 東京小猫商会

シルクラブ中野山田屋」様で行われた催事の期間中、初心者向けの講座「文房具の楽しみ型入門」を開かせて頂きました。  

  

f:id:wabysprg:20170205052232j:plain
シルクラブ中野山田屋さんの入り口  

  

美しい庭園と心安らぐ和風建築のシルクラブ館内。この素敵な場所で講座を行うことができました。開催日は1月の27日と28日の二日間。文房具というキーワードにご興味を持ってくださった、とても熱心な方々にご来訪を頂きました。  

  

f:id:wabysprg:20170205055424j:plain
講座の様子(1月27日)  

  

今回の内容は次のようなものでした。

・ボールペンの替芯について
・0.7mmのシャープペンシルについて(27日のみ)
・ノートと手帳
・ご家庭でのファイリング

  

講座はテーマを絞り正味1時間ほど。皆さんから多くのご質問も頂き、充実の内容になったのではないかと思います。 

今回は2階の「カフェ LuLu」さんのスペースをお借り出来ましたので、ご希望のかたは美味しいお茶やケーキ・あんみつなどを頂きながらの「楽しい&美味しい会」でした。  

また別室では我らが東京小猫商会開催の「コネコバザール」も行われ、講座の後に実際の文房具のお買い物が出来たり、ロジオンさんのアロマクラフト・はとちゃんの作品展示販売・筆記具工房暁(あかつき)さんの万年筆相談会なども楽しめる趣向になっていました。

今回の経験を踏まえまして、今後機会を見てまた開講できましたらと考えています。その時にはよろしくお願いします。