和田哲哉 -LowPowerStation-

ステーショナリープログラムと信頼文具舗を運営している和田哲哉のブログです。

ガラコ「2倍ヘッド・デカ丸」

クルマに乗る人も乗らない人も 「ワイパーっていつまでも進化しないよね。」 って思っているでしょう? でもですね「ケミカル剤」は進化しているのですよ。

f:id:wabysprg:20150715112142j:plain:w397

[ ガラコ 2倍ヘッド・デカ丸 ]

撥水(はっすい)剤です。シリコンと溶剤で出来た透明な液体です。これをクルマのフロントガラスに塗りますと雨水がガラスの上でコロコロと水玉状になり、高速道路でしたらワイパーをほぼ使わなくても雨水が弾き飛んでしまうのです。一般道路でもワイパーを時々動作させるだけで大丈夫です。ガラスへの汚れの付着も軽減され、正しく使えば「まるでそこにガラスが無いくらい」の透明度を保つこともできます。

このケミカル剤が雨天時のクルマの安全走行にどれだけ貢献しているか、計り知れません。運転がお好きで安全運転を意識している人ならば誰もが愛用していることでしょう。と言いたいところですが、雨天時の高速道路で周囲を見回すと、これを使っているであろう(=正しい方法で塗布しワイパーを動作させないでいられる)人は意外と少ないようです。

f:id:wabysprg:20150715112144j:plain:w396

今回掲載した製品は、この種のケミカル剤では一番有名な「ガラコ」という銘柄です。とくにこの「デカ丸」は、ガラスに薬剤を塗るフェルト製ヘッドが直径60mmと通常の2倍近い大型サイズ。大きなガラスにも短時間で薬剤を塗布でき本当に助かります。(でもフエルトに染み出てくる薬剤の料はちょっと多すぎかな。)通常でしたら2~3ヶ月に1回程度の塗布で大丈夫。この種の製品は20年近く使ってきました。塗りやすさや性能持続期間について年々着実な進化も実感しています。撥水剤。これを使わない運転は考えられません。

※1 撥水剤の使用には正しい手順での下処理と塗布が必要です。 ※2 撥水剤の使用が適さないガラスもあります。 ※3 ガラスの室内側に塗布してはいけません。曇って悲しいことに。 ※4 ドアミラーやルームミラーには塗布してはいけません。 ※5 同様の撥水加工を自動車販売店で行うサービスもあります。