読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和田哲哉 -LowPowerStation-

ステーショナリープログラムと信頼文具舗を運営している和田哲哉のブログです。

BOSE QC35 をちょっとだけ試聴しました

オーディオアクセサリ もの 電子ガジェット

今回は買ったものではなくてごめんなさい。先月発売が開始されたBOSE(ボーズ)のヘッドフォン「QC35 (Quiet Comfort 35)」を少しだけ試聴しました。

 

・BOSE初のNC+BTヘッドフォン
・パワフルなドライバー・快適な装着感
・デザイン・価格含め、NC+BTの王道

 

BOSEがNC(ノイズ・キャンセリング)機能付きヘッドフォンの先駆者であることは以前の記事にてご紹介のとおりです。けれどもBOSEはこれまで長い間、NC機能とBT(Bluetooth)機能をセットにしたヘッドフォンは発表しないできました。QC35はBOSE初のNC+BT付きヘッドフォンとなります。

私はつい最近、機能的には同じNC+BTとなるゼンハイザーの「Momentum Wireless」 を購入してしまったのでQC35を買う予定は無いのですが、やっぱりNCヘッドフォンと言えばBOSEですから気にはなります。今回は某店舗(比較的静かな売り場)にて、自分がレファレンスとして使っている5曲でQC35の試聴が出来ました。

(以降は「Momentum Wirelessとの比較」で印象を書いています。)

 

まずドライバーがパワフルです。低音の立ち上がりが感覚的にスピーディー。それだけでBOSEに馴染みのあるファンは嬉しいことと思います。いっぽうの中音・高音もしっかり出ています。しかし、低域が多めになるような設定のため、中音・高音を「聴きにゆく」と、結構な量の低音を聴くこととなります。楽しんで聴いていたら耳が痛くなってしまいました。低音に弱い私の耳には少々負担かな。

ヘッドフォンの試聴で私が最初に聴く「YMO・Live at Greek Theater」の「RYDEEN」にはびっくりでした。元々もっさりとした音源なのが、パワフルでジューシーでライブ感あふれるものに仕上がっていました。

曲ごとの聴こえの善し悪しの幅は割と大きいほうかもしれません。ボーカル系はふつうかな。購入検討をされているかたは自分の好きなジャンルがちゃんと聴けるのか、一度は試聴をお勧めします。

上手い表現が見当たらないのですが、私のような低音に弱い者にとっては、全体の音量を少し控えめにして、ラウンジでBGM的に曲を聴いているような気持ちで付きあうのが良さそうです。

  

NC機能はMomentum より効きが良さそうです。ただ、NCヘッドフォンを装着した時に時々感じる「耳の中を吸われているような真空感」は、今回の試聴機&環境においては過大に感じました。Momentumは真空感は少なめです。

 

 本体重量は310グラムでMomentum Wireless(270グラム)より2割以上も軽く、ヘッドバンドの設計やイヤーカップの形状の良さも相まって装着感は良好でした。ひとこと付け加えるならば、Momentum Wirelessの革製・肉厚イヤーパッドも古来のオーディオ製品っぽくて悪くはないと思ってはおりますが。

全体の実寸もボリューム感もコンパクトで好感です。電車内で装着しても見た目の「痛さ」は少ないと思います。(Momentum Wirelessは、かなり「痛い」です。)また、ひと目でBOSEのQCシリーズと判るデザイン。価格は良い意味で予想を裏切って抑えめ。これまでのQCシリーズと同様、NC+BTヘッドフォンの王道を行くのではないかと思います。

 

追伸:

けっきょくQC35は試聴しただけで帰ったのですが、この日はこのお店で27万円超の買い物をしたのでお許しをということで。