和田哲哉 -LowPowerStation-

文房具ジャーナリスト・ステーショナリープログラム運営 / 和田哲哉のブログです

iPhone XRの歪曲収差は?

iPhoneXRは、これまでに登場したiPhoneの中で最大級の広角レンズを備えているので、単眼(=シングルレンズ)ながら期待をしています。

  

f:id:wabysprg:20181220054528j:plain

単眼ながら、かなりの広角レンズを備えるiPhoneXR

  

ところが先日の記事用の写真をiPhoneXRで撮影しましたら、掃除機のパイプが妙に曲がって写っていることに気づいたのです。

f:id:wabysprg:20181220053833j:plain

iPhoneXRで撮影したままの画像

「これっていわゆる歪曲収差(わいきょくしゅうさ)?」、「いや、広角の影響?」、「斜めに撮ればこうなるか」、「そんなに斜めからは撮っていないけど」、「iPhoneXR内のデータ補正はどうなっているのかな?」…などと、いろいろ考えてしまいました。ちなみにパイプ自体は真っすぐでした。

  

この時は急いで記事を書きたかったので、とりあえずphotoshopで少し補正して目立たなくしました。(ついでに真上から撮ったようにもしてしまいました。影響で各製品の形は若干ゆがんでいます)

f:id:wabysprg:20181220054314j:plain

photoshopで補正後の画像

iPhoneXRに備わっているのは広角系のレンズなので、光学的には当然画像が歪みやすく、それをiPhoneXRの内部でデータ的に補正しているはずです。

ならばと身近にある方眼の物を写して確認してみることに。使い古しの大判のカッターマット(OLFAが出しているA2判の製品)が有ったので、それを使って。

  

f:id:wabysprg:20181220055349j:plain

カッターマットを撮影してiPhoneXR画像の歪みの確認

結果は良好(?)。おそらくキレイにデータ補正されて、歪みのほとんど無い画像でした。掃除機の写真については、単純に広角ゆえのものという判断に。直線の物は正面から撮らないようにします。このあたり、詳しいかたに教えてもらおう。

  

ところでiPhoneXRのレンズを真下に向けると、モニタ中央に白とオレンジ、ふたつの十字が現れて水平を確認できるのですね。知らなかったです。便利。

f:id:wabysprg:20181220055706j:plain

ファインダーの中央に十字(水準器)が自動で出現

もう少しiPhoneXRのカメラを使ってみます。

  

以降はAmazonのアフィリエイトリンクです:

オルファ(OLFA) カッターマットA2 (450x620x2mm) 159B

オルファ(OLFA) カッターマットA2 (450x620x2mm) 159B