和田哲哉 -LowPowerStation-

文房具ジャーナリスト・ステーショナリープログラム運営 / 和田哲哉のブログです

Luminoodle Click をキッチン用の補助照明に

母宅のキッチンに「 Luminoodle Click 」を設置しました。

「ルミヌードル クリック」と読むようです。

  

f:id:wabysprg:20200530152840j:plain

「 Luminoodle Click 」

乾電池駆動のLED補助照明です。近年、直線上に並べたLED照明を各所で見かけるようになりました。「ルミヌードル」はプリンと弾力性のある透明なテープの中にLEDを配したもの。このメーカーは同様のテープを使ったキャンプ用の照明器具なども出しているようです。

そのキャンプ向けの製品では市販のモバイルバッテリーを電源に使っていましたが、本製品はテープの端に電池ボックスを備え、一式を天板に貼るだけですぐに配下を明るく照らすことができます。

  

f:id:wabysprg:20200530152929j:plain

電池ボックスとテープ状のLEDが一体になっている

しかもこの乾電池ボックス全体がLEDのON/OFFスイッチになっています。スイッチを押した時の音が商品名「 CLICK 」になっているようです。実際の点灯/消灯の様子をアップしました。

  

ーーー 動画再生はここをクリック ーーー

  

乾電池ボックスとLEDテープを合わせた横幅は910mm(実測)。このままではちょっと長いので、テープの途中をハサミでカット。正しい位置でカットすれば、自由な長さに調整可能です。

  

f:id:wabysprg:20200530153022j:plain

LED部分の拡大。LEDテープは好きな長さにカットできる。

乾電池の交換には電池ボックスのスイッチ部分をボコッと丸々外します。中を見ると粘着テープで電線を固定しているなどザックリとした作りですが、海外のハードウェアショップ(=荒物屋)で見かける家庭用電気製品の作りってだいたいこんな感じが多いので、ちょっと懐かしさも感じてしまいました。

  

f:id:wabysprg:20200530151935j:plain

ざっくりとした作り Luminoodle 電池ボックスの中身

スイッチが少し硬くてチカラの弱い母の手には難儀ではありますが、電球色のLEDは華やかで「パーティーのよう」だと好評でした。

  

(ご注意:以降はAmazonのアフィリエイトリンクです)

 この手の商品はすぐに無くなってしまうかもしれず、気になったら早めの入手が吉かもしれません。それとトラブル回避のため評価の確かな出品者を慎重に選んでくださいね。

   

・ -LowPowerStationについて-